テーマ:てぬぐい

歌舞伎座みやげ : タリーズ「鳥獣戯画」手ぬぐい

歌舞伎座地下のタリーズで、 杮葺落初日に合わせ 4月2日から発売された手ぬぐい。  : かまわぬ 製    最初ぱっと見たときには気付かなかったけど、 キャラクターがマグカップとか持ってた。 みんなコーヒー好き。  : で、この手ぬぐいのことを    こうつぶやいたら、 「なにこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<妄想>手ぬぐい : ねこ柄

こんな手ぬぐいあったら欲しいな、とまた描いてみました。  : ねこが題材。 関係ないけど、      猫描いた。 こう書くと、 似た字が並ぶことを、たったいま発見しました。      だれか染めませんか? ……てぬぐいぶろ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こりゃ毛剃か? : かまわぬのご当地手ぬぐい

今月はじめ「江戸風流てぬぐい展」で入手した ご当地手ぬぐい二枚です。  : ① ホーランエンヤ    目に入ったとき「毛剃か?」と思いました。 (ていもう じゃないですよ、 けぞり ) 「恋湊博多諷(こいみなとはかたのひとふし)」の汐見の見得ぢゃん。 そう思いこんで、即、購入を決意。  : 調べてみたら「ホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草「花やしき」 : オリジナル手ぬぐい

新春浅草歌舞伎、行ってきました。  : 浅草といえば一大「手ぬぐい」繁殖地です(私見)。  : 歌舞伎を見に行く以外には足をむけることのない場所なので、 いつも幕間とか昼夜の入れ替え時間には、 目を皿にして浅草寺近辺を漁り、採集を図るのですが、 今回は、 劇場内の売店にあった「花やしき手ぬぐい」を入手することで、 あっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

てぬぐいデザインコンテスト/かまわぬ : 伊東屋のてぬぐい展で受付け'09 4/23~5/7

ことしも銀座伊東屋で「かまわぬ」の江戸風流てぬぐい展が開催されるそうです。  : 恒例の「てぬぐいデザインコンテスト」の情報もコチラ↓に載ってました。 ◇第十五回 江戸風流てぬぐい展/かまわぬ      期間 '09/04/23~05/07 ◇てぬぐいデザインコンテスト テーマ 自由 画材 自由 銀座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミレー手ぬぐい(妄想) : ミュージアムショップにあったらいいのになぁ。

山梨県立美術館のグッズに 手ぬぐいがあったらいいのに……と思い、 図案を妄想。  : とりあえず、「種をまく人」をトレースしてみたのですが、 彼の足元がよくわかりません。 ブーツみたいなもの履いてるのか? レッグウォーマーにも見えるし?  : で結局、ハイソックスのようになってしまいました。    <種をまく人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」 : 勘三郎の泥にまみれた足跡

平場の通路(花道)脇での見物6/17。  : うれしいうれしいぞ、こういう芝居。 客席を興奮の熱波が埋めるような舞台。 ジワーッと心を占めていく話もいいですが、 自分が正に「夏祭」に参加しているような泡沫の熱狂も、 こ……堪えられない。 イナセな男達が担ぐ神輿に乗ってる心持ちでの見物だった。 太鼓の響きが肌を刺激してくる…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

手ぬぐい : 文学とあわせて。

山梨県立文学館にて。  : 研究書とか資料販売が主な目的だと思うんですが、 一応こじんまりと売店が出ています。  : そこで手ぬぐいを売ってました。 「気音間 kenema」のもの。2枚購入(各800円)。  : 『ドライブ』と『宴』    文学と手ぬぐいのつながりってなんだろと、ちょっと疑問。 せっかくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場 : 撒かれた手ぬぐい

国立劇場の初芝居。 「小町村芝居正月」を初日の見物。  : 今年は1階席をとりました。 撒き手ぬぐいが飛んでくるかも!!! という皮算用みえみえです。  : いつ撒くのか、いつ撒くのかと待ってたら、 結局、手ぬぐい撒きは大詰めでした。  : 入手。手ぬぐい入手。    うそっ。 これは、私の妄想でした。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手ぬぐい : 椿三十郎

エンジに白椿の流れ。 もし、椿より先に大量の血が流れてきたら、 隣家で椿の合図を待つ若侍はどう判断したでしょう。      <流れてきた、流れてきた> 劇場販売グッズの手ぬぐい。850円。 色合いも図案もなかなか好みです。 ただ、残念ながらプリントなんです。 英字表記の「TSUBAKI SANJURO」て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手ぬぐい : 「てれすこ」前売り付録。

「やじきた道中てれすこ」の前売り券のオマケ。  : 手ぬぐい目当てで前売を買ってしまった。 オマケがまさかの注染なわけもなく、プリントものです。 <歌舞伎座・演舞場バージョンは、茶色> 曰く、 「摂津大坂淀川ト申所ニて奇妙きてれつなる生物上ル……」 「妙薬 てれすこの効能 ひヾ あかぎれ 志もやけ 陰金田蟲 脱肛……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手ぬぐい : かぶきっこ勢ぞろい

歌舞伎座のかぶきっこコーナーで。 手ぬぐい。 おみやげ~って感じ全開!!!  : ちょっと長いさ。  :  : キティちゃんも負けじとかぶいてる。 (けっこうディープな展開) 象引 不破 景清 汐汲 雪姫 ……てぬぐいぶろ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手ぬぐいのたたみ方、かぶり方 : 動画版

7月のあたまに、手ぬぐいのたたみ方(腰に提げる場合)、 のことを書きました。→(「たたみ方チュートリアル」)  : おかげさまで夏の間、 [手ぬぐい たたみ方]というキーワードで 検索していらっしゃる方々などから 多くの(当site比)アクセスをいただきました。 はたしてお役にたちましたでしょうか。  : 図に乗って、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

綯い交ぜ : れみぜら坊弁慶?

たまにこんな「綯い交ぜ」な妄想が頭を占めます。 「レ・ミゼラブル」を歌舞伎で演じるときの役柄…… シリアスなミュージカル「勧進帳」でする見得…… などのイメージが断片的に浮かんでは消えたりです。  :  : さらに妄想は進み、 その興行の記念手ぬぐいもあったらいいなと。  : レミゼと勧進帳、 見た回数はどち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手ぬぐい : あやしきおこそずきん

これも大野屋さんで購入。  : 浅草ふじ屋さんに「摂州合邦辻」から題材を採った 「玉手御前・御高祖頭巾」というのがありますが、 これはさらにそこから題材を採った意匠でしょうか。  : 「黒頭巾」という商品名で売られていました。    黒の“おこそずきん”ということでしょう。 実際に被ってる人にはお目にかかったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手ぬぐい : 歌舞伎にちなみの柄

歌舞伎座近くの大野屋さんにありました。 「定式幕と差し出し」の手ぬぐい。  : 店には広げて飾ってあったんだけど、家に持ち帰ってみたらどちらが表かわからなくなりました。どちらが表でもいいんでしょうが、     黒・柿・萌葱三色の並び次第で、 かたや「歌舞伎座風」、かたや「国立劇場風」!!! 柿がもう少し明るく鮮やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOUSOUの手ぬぐい : 伊勢木綿=弱撚糸

太郎さん家に行った帰り、「SOUSOU」の店をみつけました。 足袋、地下足袋がたくさん並ぶ奥に手ぬぐいの棚。  : 伊勢木綿という生地を使っているそうです。 強く撚りをかけない弱撚糸を、デンプン糊で固めて織ってあるので、使っていくうちに糸が綿に戻ろうとして、柔らかい肌ざわりになるとか。  : たぶんほとんどが捺染。 なので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手ぬぐい : たたみ方チュートリアル

もう、7月です。 夏の手ぬぐいの準備は万端整っていますか。  : 梅雨が明け、本格的な夏が到来すると 手ぬぐいを腰にぶら提げて歩くことも 多くなると思います。 そんなとき、 くしゃりと無造作に皺をよせて提げたりするのは、 せっかくの持ち味を台無しにしてしまいます。  : 反対に四角くたたんで垂らしたりするのは 子ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「噺家の手ぬぐい」 : まんだら。

噺家さんの符牒で手ぬぐいのことを「まんだら」と云うらしい。 題名の通りその「まんだら」の本です。  : ひとたびページの端を摘マンダラ、 たちまち溢れる手ぬぐいの洪水。    噺家+色物の名入手ぬぐいが約300本。 全部カラーで紹介されています。(144頁) 著者は五明樓玉の輔師匠。  : 「全部ほしい!」 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

手ぬぐい : コブタ さんぽ

今年も伊東屋で開催された 「かまわぬ・江戸風てぬぐい流展」に行きました。 同系色ごとに分けられ、フロア狭しと並べられた、 膨大な手ぬぐいを前に、 少々のぼせながらギャラリー内をうろうろ。 あれもこれもと目うつりし過ぎて、 結局1枚も買わずじまいでした。  : 1階まで下りて来たとことで目に入ったのは、 常設と思われる小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊右衛門てぬぐい'07 : 6種(計3㍑)

もはや風物詩(…私見)。 お茶のおまけ手ぬぐい。71cm×26cm。今年も6種。 いままでは単色染めだけでしたが、今年は2色づかいのものがあります。渋め。  : 通常サイズ&本染めで商品化してくれたら、買うのにな。  : 「茶箱柄」が好みです。          ところで、真ん中の顔のないお二人の柄。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

手ぬぐい : かまわぬ+ディズニー

       : 『かまわぬ』と『ディズニー』の共同製作の手ぬぐいが発売されていました。 ◇かまわぬ>よりぬきかまわぬ 判じ物柄の「ミッキー格子」 \1,260円を入手。 一目みて、これは完全に「菊五郎格子」のパロディじゃないかと……。 モチーフにしていることは間違いないでしょう。      <ミッキー格子/&cop…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

手ぬぐい : 二代目中村錦之助襲名

歌舞伎座四月、信二郎あらため二代目中村錦之助襲名興行。  : 記念の手ぬぐい700円。  : 金色の霞か菜の花畑に舞う、定紋の桐蝶が二羽。    <実物はもっと鮮やか> そして左下のサイン。 (サインというか持ち物に記名した感じ)    <楷書な筆致に実直さが表れているかのよう> おめでとうございま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風林火山手ぬぐい : 恵林寺

甲州市塩山の恵林寺(えりんじ)は、甲斐武田の菩提寺。 信玄公墓所があったりで有名です。  : また、快川(かいせん)和尚が残した、 「心頭滅却すれば火も自ら涼し」 の名言でも有名です。      ええ、有名なお寺なことは重々承知してましたが、 いままで訪ねるきっかけが不思議とありませんでした。 で、きょう初めて行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オリジナル手ぬぐい : 『善悪』(案)

手ぬぐいの図案。  : ♪雷ぐもや手桶の底に、よく見る透かしの善と悪 よいと思ふて咥えてみれど 姿かたちは気にさわる ナマグサバンダバサランダ ちょぼくれさんじゃ エー  : たぶん意味不明のこととおもわれます。 そんな貴方にこの四枚。 <どんな貴方かわしゃ知りゃせぬが、どうぞこさえてくださんせ> …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浅草新春 : 芝居と手ぬぐい

先週のことですが、浅草へ。  : 目的は芝居見物半分、手ぬぐい屋探訪半分、 さらに神仏詣でも盛り込んで十割超のよくばり計画。  : 新春浅草歌舞伎は昼の部を見物。      <芝のぶちゃんも揚げてあげて!!> 「身替座禅」、勘太郎の右京がとても爽やかでよかったです。浮気心も若気のいたりといった塩梅で可愛らしく、キラキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2006 : TENUGUI OF THE YEAR

今年もついつい、幾枚も手ぬぐい買いました。 そのなかから「マイベスト」を一枚。 手ぬぐいオブザイヤーの発表です。 「くし」 by 雪花 SEKKA       <店頭には同じ柄で捺染・注染両方ありましたが> もちろん柄もデザインも気に入ってます。でもこれをベストとしたのは、この一枚がちょっとアウトレットなところ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『染絵てぬぐいに生きる』 : てぬぐい師の著書

浅草「染絵てぬぐい ふじ屋」さんのあるじ、“てぬぐい師 川上桂司”氏の本です。      こちらは、私が手ぬぐいの柄・意匠に興味を持ち始めた頃購入した本です。まだ実際に「ふじ屋」さんの手ぬぐいに触れてみる前でした。 「ふじ屋役者総覧」と云っていいかもしれません。華やかな顔見世興行よろしく色鮮やかに染められた手ぬぐいの写真が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本太郎 : 手ぬぐい

:汐留に行ったとき、たくさんのTAROグッズの中にこの2種の手ぬぐいを発見し、迷わず買いました。ちなみにプリントもの。  : 『1981年に製作された「河童像」をモチーフとした手ぬぐい』。 モデルになった河童像は、青森県三沢市古牧温泉内の、岡本太郎記念公園に設置されているそうです。 ◇古牧温泉を地図でみてみる。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『風林火山』 : 亀治郎さまへ…

    : <拝啓> 市川亀治郎さま このたびは、大河ドラマ『風林火山』へ信玄公役にてご出演とのこと、武田の郷に住む贔屓のひとりとしてたいへん喜ばしく感じております。 是非いちど…と云わず二度三度…舞台となった古府の地をお訪ねくださいませ。心よりお待ち申し上げております。</敬具>  : さて甲府は、江戸時代幕府の直轄領とな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more