テーマ:演劇

ミス・サイゴンの空耳 : トゥイの亡霊はとんでもない爆弾を!

Miss Saigon このCDお持ちの方いたらぜひ再生してみてください。、 2枚目7曲目「キムの悪夢 パート1 トゥイの亡霊」 1分55秒あたりからです。  : 本来の歌詞は トゥイ [♪あいつらは裏切った アメリカ兵みんな同じ] それがですね、私にはこう聞こえてしまって……    …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミス・サイゴン甲府公演 : 足りなかったもの

Miss Saigon 帝劇でみたあの作品が 地元のホールにかかるなんて!!! 数ヶ月前、新聞で告知をみたときにも まだ自分の目を疑ってました。  : 8/10・11二日間の山梨公演。 主要都市でもないのによくぞ来てくれました。 ああもったいない、もったいない。  : これも新演出になったおかげ? とはいえやっぱり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

資料 : 日本橋公会堂ホール「日本橋劇場」座席表

「日本橋劇場」座席表   <画像クリックで拡大/flickr> 1階席 293名 (花道組むと42席減る?) 2階席 147名 ネットで探しても見つけられなかったので Faxしていただきました。  : だから鮮明なものじゃないけど、 必要としているどなた様かの御為に うpして掲げ はーべーるーなーりー。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル大千穐楽 : 当日券参戦!!!

承前。  : 平成23年6月12日、帝劇。 「レ・ミゼラブル」ジョン・ケアード演出版最終上演。  : 直前に予定が空き、都合がついてしまったので 「当日券いのー、当日券いのー」と…… *着いた 10時締め切りのところ、気がせいてしまい9:22に着。 しかし、すでに入場が始まっていた。      <お濠側にズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら レ・ミゼラブル : 気がつけばもう大千穐楽!!!

    : ●閉店セール 「さよならレ•ミゼラブル」なんですよ。 さよならって云っても、 レミゼをもう二度と上演しないってわけでなく、 ロンドンオリジナル版演出での上演が 今期でおしまいってわけなんです。  : 云ってみれば「閉店セール」の状態ですね。  : だからでしょうか、えもしれぬ焦燥感が湧き上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ ミゼラブル : [個人的な残念] 5/3山口×岡

 : あー残念、すごい心残り。 開演前に寄ろうと決めていた 帝劇地下の蕎麦屋「しなの路」に行けなかった。 途中の渋滞のせいだ、 お堀端に着いたのがギリギリだっんだ。 ゴールデンウイーク中だけど 午前中の上りはすいてると思ったのに。  : あぁ、 穴子天せいろ様 穴子天せいろ様~。  : 歌舞伎だったら、最初…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「新春戦国鍋祭」 : 武将方々に御目見得叶い致し候。

   <戦国鍋TV> 毎週番組が楽しい。 実演されると聞き、押っ取り刀でその舞台を見に行ってきた。 「新春戦国鍋祭」サンシャイン劇場。  : 1部はお芝居「殿! お時間です」、 前田利家を主人公に、戦国時代をSWの世界に書きかえ、パロディ満載で展開する物語。 小劇場的なノリを久しぶりに味わい楽しめた。  : 途中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日雑感「表に出ろいっ!」 : バカバカしさが浮き彫りにするもの

 : [歌舞伎座建て替え中の恩恵?] 野田地図にはここ数年触手が動かなかったけど、 今回は「勘三郞出演」に惹かれて切符を取った。 見に行ってよかった。 非常に楽しかった。 この共演が勘九郎時代に叶っていたら、 もっと、しっちゃかめっちゃかにヒートアップした 未曾有の熱い舞台が実現していたのかも。 [ちゃんと起承…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笹子追分人形’09 : 娯楽のご利生

笹子追分人形芝居公演'09/02/08。 復活してからもう何回目の公演になるんでしょう。 「朝顔日記」「袖萩祭文」「廿四孝」と重ねてきて、で、今回だから4回目くらい? 今年の出し物は恒例の「三番叟」に続いて「壺坂霊験記」でした。  : 客席の雰囲気が大分変わってきている印象を受けました。 あくまで個人的な感触ですが、はじめの…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「前のめり」と「まちそわ」 : (恒例、前後の脈絡がない話。)

四季劇場、前のめりをたしなめる注意書。 座席に置かれてました。      <わかりやすい> ◇のめらないで。 *て…    さて、先月のこと。 まず新橋演舞場の花形歌舞伎・昼の部。 その後浜松町方面へ移動。 四季劇場・秋で「55ステップス」。 という行程。  : 欲張りなんでしょうか? 観劇の予定をたて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ミス・サイゴン」プレビュー初日 : CD聴き込み修行のおかげで

「ミス・サイゴン」プレビューの初日。  : 初日前の試公演とは思えないほどみごとな運びでした。 ショー・ビジネスの矜持をみた気がします。  : [本日のキャスト] エンジニア*市村正親 キム*新妻聖子 クリス*井上芳雄 ジョン*岡幸二郎 エレン*鈴木ほのか トゥイ*泉見洋平 ジジ*池谷祐子  : …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チケット受け取り : 「女教師は二度……」

8月のコクーンは、大竹しのぶ+市川染五郎+大人計画、松尾スズキ作/演出の「女教師は二度抱かれた」。電話で予約しておいたチケットをコンビニで引き出してきました。 私と同じように、コンビニ発券した人はたくさんいると思います。その中で以下のような不安を抱きつつ発券に臨んだ方は、きっとたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。  : まず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラ・マンチャの男 : こうごうしい幸四郎なのでした

一回くらい見ておいてもいいかな? という見学気分で、 数日前に空席みつけてとった千穐楽のチケット。 別に楽日ねらいではなく、 ほんとたまたま日程の兼ね合い。 <帝劇正面横断禁止>  <幕間なし> で、初めての「ラ・マンチャの男」に感動。  : 「♪見果てぬ夢」以外は聞いたことない曲なのに、 疎外感を得ずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恐れを知らぬ川上音次郎一座」 : シアタークリエ

日比谷の芸術座跡にできた「シアタークリエ」のこけら落し興行。  : タイトルから想像して「ショー・マスト・ゴー・オン」みたいな喜劇かと期待してました。そこそこ笑えた、でも想像を超える突き抜けた面白さはなかったです。 特に主役のふたりにはいろいろ不満を覚えたのですが、めでたいこけらのことですから、悪態つくのもどうかと思い、 (力ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラクル : <妄想>海老蔵</妄想>

コクーンで「ドラクル」みました。  : ああいう感じの海老蔵がカッコヨイことわかるんです。 歌舞伎でのカッコよさとはまた別の、 「海神別荘」とか「信長」後半でのみせかた。  : でも、せっかく新作の“演劇”に出るんだったら、 もっと違う海老蔵をみたいと思うんです。 耽美&苦悩の海老蔵からかけ離れた役も みてみたいんです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浦安座「陸-kuga」 : 難攻不落!! しんでれら城

お屋形様ぁ~ この城の 水の手は 断てませぬぅ 「では火はどうじゃ、火を放て、」「火にございますか、それが……」「いかがした、申してみよ」「はッ、この城の主、思いのままに火をも操るようで」「なんと」「夜ごと城内に領民を集め、水を浴びせかけ、また火柱にてあぶると聞きおよびまする」「なんと憎っき暴君め。里の者は、責めに苦しみ、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月演舞場 : 殿のちょんまげ

演舞場の「殿のちょんまげを切る女」、先週末に見物しました。 以下、少々残念だったという感想です。  : お芝居というより、笑いを求めていたんです。 でも、笑いのツボはそれぞれですから。 肌なじみがよくなかったということでしょう。  : 途中で飽きちゃったわけじゃないんですが、 そしてけっこう笑ったところもあるのですが、 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

1月演舞場 : 朧の森ナントカ

染五郎演じる主人公の名は「ライ」。高麗屋のライかと思ったら、さすがにそんな安直じゃなかったみたい。源頼光からきているらしい。lieともつながる……。  : で、いきなりラストのネタバレで恐縮です。 朧朧朧朧朧 朧朧朧朧朧 朧朧朧朧朧 <こうなっていた舞台が> 朧朧朧朧朧 朧朧朧朧朧 朧朧朧朧朧 <ナントこうなりま…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

魔界転生 : 史上最転生座長

記事タイトルと本文はおおむね関係ありません。 で、新橋演舞場9月「魔界転生」。座長は中村橋之助。  : 魔界っていうくらいだからすごく悪い奴かと想像していたら、意外とイイヤツだった。先入観で決め付けてはいけませんね。でも、もっと魔を孕んで転生した感じがほしいじゃないですか。      「悪いところにちかよっちゃだめだよ」「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『秘密の花園』 : ロマンチック

地元の社会人劇団「B-BLACK」の公演、唐十郎・作『秘密の花園』。 JR身延線南甲府駅裏、線路沿いの倉庫が会場でした。 ('06.7.9)      来場者に配られた公演のしおりには、この倉庫の中に“芝居小屋”が作られていく過程が、写真で紹介されていました。 大きな倉庫を借りて、舞台・客席を組んで、セットも立て込むし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字幕装置? : 予習・現場・復習

前記事に対し「ぴかちゅう」さんからいただいたコメントをもとに、自分なりに『字幕』について考えてみました。 参考記事[歌舞伎公演にも字幕導入が一部でされていた!]  : さて、とその前にぴかちゅうさん。件のサイトに埋め込み型の施行例が載っていましたので、写真を引っぱってきました。    <FIGARO SYSTEM> こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

能楽堂の字幕装置 : とはどんなものかしら

国立能楽堂に日本語字幕の装置が付けられるんですってね。風知草/おとみさんのところで知りました。 ◇『国立能楽堂で椅子の背もたれに電光字幕』  : 詳細はこちら。 ◇YOMIURI ONLINE'06/6/28読売新聞  : それは、たぶんこれです。 その名も『フィガロシステム』(米国製)      http://w…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

桜座で太神楽 : 茶番

『仙三の笑劇場 vol.2』(06.5.26)  : 地元甲府出身の太神楽師、鏡味仙三が開催したミニ寄席で、初めて『掛け合い茶番』というものをみました。  : 太神楽というと、傘や輪、鞠などを使った日本古来のジャグリングのことだと思っていたのですが、本当はそれらの曲芸だけを指すわけではなく、「獅子舞」とか「鳴り物」の演奏、そして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文楽クイズ : 迷うぞ、三択!

先日みた文楽の熱が覚めやらず、関連Webサイトを巡礼の日々です。  : そんななか? 国立劇場サイト内の「文化デジタルライブラリー」にて、クイズをみつけました。  : 曰く ←国立劇場文化デジタルライブラリー 20問すべてに正解したら あなたは「文楽人形博士」です! ・問題は三者択一 ・途中で間違うと、ふりだしに戻る …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

浦安座「海」 : 海の幸 岡の幸

『東京ディズニーシーポルトパラディーゾウォーターカーニバルエテールノ』千穐楽(5/7)間近。 岡丈、香盤情報……。    岡幸二郎の唄うソロパート、私が認識できたのはわずか数小節(フィナーレの曲の冒頭)。 ♪美しい港の伝説を胸にきざむ ♪人々は永遠に語り続けてゆくだろう 以上です。  : しかしながら、ラストシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TDS : ポルト・パラディーゾで

たぶん日本で最大級の集客力と敷地を保有している劇団「浦安座」。  : その「海」のほうで開園以来かかっていた『ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル』が、5月7日でグランドフィナーレを迎えるとのこと。 しかも、普段は昼だけの演目なのですが、最終のひと月間は夜も興行するって云うじゃないですか。 これは、みなくては……  : …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンドラゴラの降る沼 : テント≠あんぐら

[内容に言及]  : 年一回恒例のシティボーイズライブ。 今年は大田区・池上本門寺でテント公演なんです。  : 今まではグローブ座やアートスフィアでの上演でした。それが、一転しテント公演という企み。こりゃ、よほどテントならではの大袈裟な演出があるんだろう、と予測して切符をとりました。  : 例えば、 <妄想>最後に舞台奥…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

芝居の口切り : 初陣

『芝居の口切り : 初めて買ったチケット』にセルフトラバです。  : 私が初めて自分でとったチケット。 と云っても並んで買った当日券ですが。 つかこうへい事務所 『蒲田行進曲』 根岸季衣・風間杜夫・平田満 紀伊国屋ホール 当日2,000円  : 劇場前の廊下にどのくらいの時間並んで待ったのでしょう。 なんせ人気劇団…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芝居の口切り : 初めて買ったチケット

悔やまれることがひとつ。  : 生来、まめな方ではないので、観劇記録などきちんと残してきませんでした。昨今はこのブログがその役割を担ってくれているのかもしれませんが、それ以前の歳月の中で、いつ、なにを観てきたかは、もはや混沌の状態です。きっと完全に記憶の器からこぼれ落ちてしまった公演もあるでしょう。 ああ、もったいない。  : …
トラックバック:6
コメント:15

続きを読むread more