テーマ:レ・ミゼラブル

新演出版 レ・ミゼラブル : スピードにびっくり!!!

今回は前売りも買わずにボーッとしてた。 そしたらあと1週間で千穐楽だと気づき、 あわてて当日券に並んだ次第。  : 回り舞台をやめたことで場面転換がいろいろ変ってた。  : ちょっとびっくりした転換があった。 「民衆の歌」→「プリュメ街」のところ。  : なにがビックリかって 門が猛スピードで走ってくる!!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : 沙也コゼの嘆きに微笑む。

先日みたレミゼのスペシャルキャスト版。  : 取り巻く海千山千のつわものの中で、 良質の拙さでコゼットの透明感を 体現していた神田沙也加孃です。  : 気になって彼女のブログをさかのぼってたら [最近のプチ事件]という記事で      <2011年06月08日> 「すっぴんだと 入り待ちの人に気づいてもらえな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル大千穐楽 : 当日券参戦!!!

承前。  : 平成23年6月12日、帝劇。 「レ・ミゼラブル」ジョン・ケアード演出版最終上演。  : 直前に予定が空き、都合がついてしまったので 「当日券いのー、当日券いのー」と…… *着いた 10時締め切りのところ、気がせいてしまい9:22に着。 しかし、すでに入場が始まっていた。      <お濠側にズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら レ・ミゼラブル : 気がつけばもう大千穐楽!!!

    : ●閉店セール 「さよならレ•ミゼラブル」なんですよ。 さよならって云っても、 レミゼをもう二度と上演しないってわけでなく、 ロンドンオリジナル版演出での上演が 今期でおしまいってわけなんです。  : 云ってみれば「閉店セール」の状態ですね。  : だからでしょうか、えもしれぬ焦燥感が湧き上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ ミゼラブル : [個人的な残念] 5/3山口×岡

 : あー残念、すごい心残り。 開演前に寄ろうと決めていた 帝劇地下の蕎麦屋「しなの路」に行けなかった。 途中の渋滞のせいだ、 お堀端に着いたのがギリギリだっんだ。 ゴールデンウイーク中だけど 午前中の上りはすいてると思ったのに。  : あぁ、 穴子天せいろ様 穴子天せいろ様~。  : 歌舞伎だったら、最初…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

空耳「レ・ミゼラブル」 : バルジャン家の門扉には、コレがよく似合う[動画]

 : 「♪じいさんと娘……」と歌われるのは、 ミュージカル「レ・ミゼラブル」の一幕終盤に出てくる プリュメ街の襲撃、というナンバーです。  : その中から、エポニーヌパートの空耳を動画に。  : 実はこのネタ、ブログでは既出。 むかし作ったGifアニメの素材をリサイクルしました。 18秒くらいの短い動画です。 鷹揚な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル 初日!! : (やばい!)ひさびさに萌えた、萌えだした。

レ・ミゼラブル、初日をみてきた。  : キャスト('09/10/06 帝劇 ソワレ) バルジャン 山口祐一郎 ジャベール 岡幸二郎 エポニーヌ 新妻聖子 ファンテーヌ シルビア・グラブ コゼット 神田沙也加 マリウス 山崎育三郎 テナルディエ 駒田一 テナルディエ妻 森公美子 アンジョルラス 坂元健児 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

綯い交ぜ : れみぜら坊弁慶?

たまにこんな「綯い交ぜ」な妄想が頭を占めます。 「レ・ミゼラブル」を歌舞伎で演じるときの役柄…… シリアスなミュージカル「勧進帳」でする見得…… などのイメージが断片的に浮かんでは消えたりです。  :  : さらに妄想は進み、 その興行の記念手ぬぐいもあったらいいなと。  : レミゼと勧進帳、 見た回数はどち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル'07 : とりあえず1回。

:レミゼです。 橋本さとし・新バルジャンみたさにでかけました。 彼の実際の舞台は未見なんですが、 以前、東宝の「ミス・サイゴン」サイトで「アメリカンドリーム」唄っている映像みてカッコいいぞ!! と気になっていましたので。  : で、6/22マチネ。  : 帝劇入ると、 20周年の記念に ホワイエに司教館のセットが展…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

レ・ミゼラブル日生 : 千穐楽

4月25日13:00開演 千穐楽。  : 千穐楽らしいところをふたつ。  : ラスト前のアップテンポな曲「宴会乞食」では、舞台よりオケピに目が行ってしまいました。 指揮の塩田氏はグーにした手を左右交互に斜め上方へ突き出し、パンチ!パンチ!とノリノリで 踊って 振ってました。塩田氏のすぐ前のブラスも楽器を大きく左右に振っての演奏…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル[日生] : 切符は?

   レミゼの切符。 ナビザの先行惨敗。ぴあの先行も全滅で、あとは電話予約か窓口発売が頼り、という状況でした。  : その予約&発売開始日が先週14日(土)。 あいにく(因果)なことにこの日は仕事で電話してる暇なし、全くナシ。  : 「こうしてお仕事に勤しんでいる間にも、どんどん席がなくなっていく~」という焦りに気持ちは占…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2006 : 先行予約、即決。

「レミゼ」のこと書くの半年ぶりだ。 今年5月に「2000回スペシャル」を観て、これぞ究極・決定打と得心して、「レミゼ熱」も冷めたと思っていました。 そのはずなのに、いよいよ切符の売り出しと聞くと、不覚にも胸が高鳴るのを抑えられません。  : Webでの抽選先行予約の受付が今日から始まりました。    始まると云っても…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

岡幸二郎CD+DVD : 1万500円

このブログに、 『親といっしょに観られないもの Baton』てのが廻ってきたら、迷わず選ぶ……。そんな感じ。  : ミュージカル界の貴公子・岡幸二郎のCD+DVD写真集を、“友人から借りて”視聴しました。 CDに「レ・ミゼラブル」の「スターズ」とか収録されてたんで聴いてみたかったんです。 CDは普通にAmazonでも入手でき…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 石川禅・賛

レミゼ2005(帝劇)の幕が下りてはや十日ほど、 恋しい気持ちは今がこらえどころ。  : スペシャルで観た岡アンジョラスと同様、 強烈に胸に残る石川禅のマリウス。  : 特に、 「なんだよ、ふざけて」 の笑顔がいまだに鮮明です。 役の造詣の深さに驚きつつ、 その一瞬でマリウスを表した演技に (マリウスという人物が…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 岡幸二郎・賛

承前。 カンパニーの中で、誰か一人ずば抜けて良い出来のキャストがいるだけで、作品の質が高まるわけじゃありません。 しかし、(さまざまな要素を含めて)質が高いと評価される作品には必ず、別枠を設けて語りたくなるキャストがいます。 レミゼ2000回達成スペシャルでの岡幸二郎、私は決して忘れないでしょう。  : 学生たちを率いて革命へ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : スペシャル

初めてのデートの待ち合わせをしているような、プチ・パニック気分で臨んだ、前日の2000回。 約1900人の観客全員が、そこまで入れ込んでの観賞だったのかどうかは解りませんが、客席の雰囲気は、今まで経験したことのないような高揚に包まれていたような気がします。 (建て前で、餅が撒かれるのを待ち構えているときの心情にも似てた)  : …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2000回 : 一世一代にて

18年の間に回を積み重ね、 2005年5月24日、 「レ・ミゼラブル」、公演2000回目。  : 往年のプリンシパルたちを招き、旧役復活のかたちでの記念公演が、8ステージ限定で始まりました。  : 前売りではチケットの入手が叶わなかったのですが、 まさに記念といえる2000回目を分別もなく体験したくなり、 当日券の抽選…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 岡田浩暉・賛

胸を打つナンバーに溢れる「レミゼ」、 なかでも「彼を帰して」は、 慈愛の心をこめてバルジャンが唄う極めつけです。  : 娘として育ててきたコゼットと想いを交わす青年マリウス。 革命に身を投じた彼を、 たとえ自分が代わりになってでも救いたい、 無事に家に帰してあげたい、と祈りを捧ぐ場面の曲です。  : このとき当のマリウ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 7回目

5月のレミゼは、2000回達成スペシャルヴァージョンのみ切符を取ってあったのですが、観たい気持ちが抑えられず本日のマチネを買い足しました。  : S席11列目のセンターブロック。 ドーンと視界隈なく舞台ですよ。 やはりS席の効能アリ。 ひとつひとつのシークエンスや、 役者のしどころなどが粒立ってビシビシ伝わってくることしき…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : プリュメ街の空耳

    3コマがループしてます。 思いついたとき 私個人はとっても楽しかったんです。 “そらみみ”というか“だじゃれ”?  :   : なんのことか判らなかった方、そっとしておいてください。 (ほとんどの方、そうでしょう)  : 作品への冒涜だと思った方、放置してください。  : すこしでも楽しめた方…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 6回目

先日、知人とこんな話をしました。  : 「わざわざ日比谷、銀座近辺に出掛けて行って、レミゼのマチネだけ観て帰るの、なんかもったいない感じしない?」 「でも、レミゼのあとに他の芝居とか映画とか行っても、きっと感動は薄いと思うよ」 「レミゼが濃すぎるからね」 「このあいだも、マチネのあと歌舞伎座の幕見に走ったけど、なんか途中で挫折…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 5回目

予定していた見物ではなかったのですが、 同志(知人)の余剰チケット救済にかり出され、今期5回目のレミゼ。  : せんない事、いらぬ節介と承知で願望をひとつ。 「乞食たち」のシーンでの、ガブローシュの「ばんざい」について。  : 桝井・大久保・局田と、ガブの3人のキャストを観て感じたのですが、 前よりも「ばんざい」が小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : 10周年記念コンサートDVD

ま~たもレミゼだ。(レミゼ記事連投)  : 「レ・ミゼラブル 10周年記念コンサート」 (1995年 ロイヤル・アルバート・ホール)のDVD。 昨日、知人が貸してくれました。  : 発売されているのは知っていたのですが、 英語の歌詞で聞いても、生の舞台の感動は再現されないのじゃないかと思い、敬遠していました。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 4回目

昼の部に続けて夜の部。    岡幸二郎のジャベールを初体験。 岡ジャベール、先にCDで聴いたときには、 バルジャンを追う執念の表現が薄いように思えてなりませんでした。 それで、実際の舞台で感情移入できるか少し不安だったのですが、 それは杞憂でした。  : 一言で云うなら、しなった鞭がピシッ、ピシッと鋭く空間を切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 3回目

別所哲也のバルジャン。 昨年の「レミコン」では一度観ていましたが、本編で観るのは初めて。 司教から与えられたパンとワインを、床に跪いたまま貪るように食べる姿が印象的でした。    2005 3月29日(火)13:00 キャスト バルジャン=別所哲也  ジャベール=鈴木綜馬 エポニーヌ=坂本真綾  コゼット=剱持たまき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブルCD : 4人のバルジャン

なんだかんだで揃うものです。 2003年版のレ・ミゼラブル公演がCD化されているんですが、 キャストがダブル・トリプル、 さらにメインがクワドラプルの上演だったので、 CDは全4種類発売されてます。 (各2枚組、4,200円)  : 1種類だけ自分で買って、あとは知人や、知人の知人に借りたのですが、 この度、最後に残っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : ジャベールのブログ

昨日、知人(私をレミゼに導き給うたる女史)にいきなり云われました。 「ブログの更新、岡さんに負けてるよ!」  : その「岡さん」とは、レ・ミゼラブルにジャベールとして出演中の岡幸二郎、 曰く……ミュージカル界の貴公子……。  : 別に端から更新数の勝負などしているわけではないのですが、 気になったので詳しくきいてみると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル2005 : 2回目

一週間おいて今期2回目のレミゼ、 2階最前列の席でした。(e+・イープラスで確保) (挿絵はその席からの眺め)→  : 最初に聞いていたとおり、リピーターの多い作品なんですね、(私もですが) 周りの方の双眼鏡の動きで解ります。 次の場面に備え、めあてのキャストの出の位置に しっかり照準をあわせて待っている。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : コゼットと「和」もの

昨日の記事「コゼットの扇子」にセルフTB(恐縮)。  : 扇面の折れでコゼットの顔がイビツに見えますが、あしからず。 帝劇で売ってる扇子です。写真、拡大してみました。    扇子や手ぬぐいなどの「和ものテイスト」なものを見ると、妙に反応してしまいます。 (買ってないけど) ゆかたが許されるならば、このくらい弄んでも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レ・ミゼラブル : コゼットの扇子!

写真の扇子は1,800円。 コゼットが「ゆかた」だ!(朝顔柄) 手には「うちわ」だ! コゼ in 納涼花火大会?  : それこそ田舎の縁日でもお目にかかれないような、 こんな「バッタもん」くさい物、 公式自ら作ったんですね。 「レミゼ」と「でみせ」をかけてみた? 「で・みせで売る」(まさか)  : ちょっと 恥ず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more