テーマ:文楽

三谷文楽 其礼成心中 : パンフには床本付

[三谷文楽 其礼成心中]於/パルコ劇場 面白かった、楽しかった。 よかったよ、 文楽がまだちゃんと娯楽として存在する時代に生きていられて。    で、筋書き買ったら文楽公演のいつも通りで床本が付いていた。 これちょっと驚き。  : 三谷幸喜の脚本が活字化されるって、 なかなか無いんじゃなかったっけ? 他者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『道行初音旅(吉野山)』のうた : 動画でどうぞ

 : 『義経千本桜 道行初音旅(吉野山)』の イメージソングを勝手に作ったですよ。 気分的には「よしちゅね」とか「はちゅね」と発音したい。  : 動画どうぞ。 【ニコニコ動画】【義経千本桜】 道行★初音の旅...の唄 【ウマウマ】 1月には浅草歌舞伎で、 2月には文楽で吉野山を見た。 特…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2月文楽公演 : こういうの「俺嫁」って云っていいすか?

2月文楽・国立劇場公演の2部 3部を見てきた。  : 先日のサンケイのカラー記事見て、 事前に期待は否応なく盛り上がってて、 で実際見たら、裏切られることなくまんまと、 落ちてしまったよ……恋に。 (忠義より重いよ、病のようさ)      <こういうの「俺嫁」って云っていいすか?> はちゅね? もとい[道行初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月文楽公演二部 : 忘れますまい油屋の段。

     <おでんも遣いますぅ。> '10/05/18 国立劇場小劇、5月文楽公演二部へ。 切符は直前にネットで取りました。  :  : 「新版歌祭文」の油屋が後を引いているんです。 この段で、浪花の底力を見た気がします。  : 咲大夫の語りは、いままで数回聞いた中で 今回が一番熱が籠もっているように思え。 ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文楽公演 第二部 : 「お一人様」率が高い?

 : 文楽公演 第二部 伊賀越道中双六「沼津の段」 艶容女舞衣「酒屋の段」  : 嶋大夫さんの酒屋を聴いて(見て)みたくて出向きました。  : クドキもよかったけれど、 終盤の手紙を読むという動きの少ない場面がクライマックスとして成り立つことに、語りの"すごさ"を感じましたね。  :  : あと、文楽って歌舞伎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜座・シタールファンタジア「響想」 : 浮き世を忘れて集中する開放感。

   : シタールファンタジア「響想」 伊藤公郎@シタール(他ギタリスト1名) 吉田勘緑@文楽人形(他2名) タカヤマさん? @声明(1名) 「桜座」にて。  : 5月にみた「ひらかな盛衰記」で辻法印を遣い、 そこぬけに笑わせてくれた吉田勘緑さんが出演とのことで出掛けました。  : 最初にナレーション。 「生きる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国立五月文楽公演「ひらかな盛衰記」 : 心も髪も逆だち上がり!!!

国立劇場文楽公演「ひらかな盛衰記」 数日前に滑り込みで取った切符。 上手の端で、床を真横からみる席でした。('09/05/15)  : 源氏・平家のおはなしということで 忠とか義が中心の堅めの内容を想像していたら、 予想外に情や愛が随所にみられる 世話な味わいを感じました。 (だから“ひらかな”なのか) <金な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9月文楽公演「奥州安達ヶ原」 : 「一つ家」はタランティーノ的?

    : 文楽東京公演。 『奥州安達原』 朱雀堤の段 環の宮明御殿の段 道行千里の岩田帯 一つ家の段 谷底の段  : 特に「一つ家」がおもしろかったです。  : 婆さんが旅人の財布を腕ごともぎとる、喉笛を噛み切る。 ヤリたい盛りでエロ丸出しの少年が、 いますぐココでいたそうとだだをこねる。 覗くなと云われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文楽二月公演 : 遠赤効果

     : [一部] 冥途の飛脚 [ニ部] 二人禿 ひばり山姫捨松 壺坂観音霊験記  : 二部の「壺坂」の前の休憩で、 後ろに座っていたオジサマが 「暑くなってきた」と云って上着を脱いでいました。 空調が急に効いてきたわけでもないのに……。  : その理由に心当たりが、 前の演目の「切」を語っていたのが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

文楽鑑賞教室 : 沼津

[文楽鑑賞教室] 『伊賀越道中双六・沼津の段』がメイン。(Aプロ)  : 最初の場面、 齢70だという平作が、 十兵衛の荷物を担いで千鳥足。 そりゃ年だもの、ガックガクのぶるぶる。  : 危なっかしくて見ちゃいられない。 「だれか支えてあげてよ!!」 と思ってちゃんと見てみたら、 勘十郎さんたちが三人がかりで、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜座 : 田中泯+坂田明+吉田勘緑の「三味一体」

舞踏+sax.voice+文楽人形の共演。  : 物語とかテーマなどを無理に理解するのは止めよう、きょうは状況を楽しむようにみるんだ、と心に決めて行きました。  : 桜座の舞台は間口10m、奥行き5m(目算)くらいの、打ち固められた土間。今回は舞台上に直径4m(目算)くらいのワイヤーフレームの環が吊ってありました。 下手前にベ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

New Release? : 新版

[知人から話しかけられる]ちょっと小耳に挟んだんだけど、 最近“尾崎”聴いてるんだって? えっ、“オザキ”? そうそう。最近CD買ったって。 “オザキ”じゃなくて“ノザキ”だよ。    ノザキ? それ、盗んだバイクに乗ったりしないの? 駕籠と船には乗る。 あと、振り袖の娘が、婚礼直前の花婿を盗む。 へぇ、バイ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

5月文楽「絵本太功記」 : しっかりみたつもりでも。

国立劇場での文楽公演。 「絵本太功記」の通し上演を、昼夜続けて見物。    後の太閤秀吉も真柴久吉として出てくるのですが、 話は武智(明智)光秀が主人公。 たいがい主を討った逆臣として、悪く描かれる光秀ですが、 この中では、暴君を誅した分別ある武士のイメージ。  : 十段目で光秀本人が云ってます。 『武王は殷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白猿座・追分人形 : '07春興行

大月市で行われた、地元の子ども歌舞伎と文楽の公演。    「白猿座」「追分人形」 どちらも一度途絶えた名前だそうですが、 有志、指導者を得て昨年春に実質的な再旗揚げをした、 フレッシュなカンパニーとのこと。 その二回目の共同公演。  : 今年の「白猿座こども歌舞伎」は、義太夫狂言に挑戦。 去年の「白波五人男(稲…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2月文楽 : ××は盲目。

文楽、二月の国立劇場公演。 もう先週のことですが一、二、三部と一日で見物しました。体力的にかなり無謀だったかもしれません。  : 床の響きにノリすぎて ときにウツツを取りこぼし……(意識埋没)  : といったテータラクを反省しつつも、 後味は最高の一日でした。    一部の「奥州安達原」 ♪襤褸(ツヅレ)の上…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

12月文楽公演 : 超接近遭遇

昼の鑑賞教室は2列目下手の端っこ、夜の公演は2列目上手の端っこ。とっても首がつかれました。でも細かいところまで見ることができたし、夜は文楽まわしの起こす風が届きそうなくらい(比喩)の近距離で大迫力の語りに震えられたし、満喫としか云いようないです。    【鑑賞教室】解説の相子大夫・龍聿両氏のとぼけながらも軽妙なしゃべり。上方…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

文楽地方公演 : 巡りくるぅ。

平成18年度秋期地方公演 <昼> ・菅原伝授手習鑑 寺入り 寺子屋 ・釣女 <夜> ・曽根崎心中 10月11日 山梨県民文化ホール(小)  : 二年前にも甲府にやってきた文楽の公演をみています。今年はそのときより期待を数倍膨くらませて、地元公演を待ちました。 そして見終えて、さらにさらに文楽がすきになりました。(なんて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文楽巡業'06秋 : 行程

最近は、このような写真を見ただけでドキドキと心拍数が上がります。いままではそんな症状なかったのに。 ……くるしいゎ(はあと)。 もう旅が始まっています。  : 平成18年度秋期地方公演  9月29日 (金) 尼崎市 アルカイックホール・オクト 10月  1日 (日) 中津川市 東美濃ふれあいセンター  4日 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

9月文楽公演 : 三部(だけ)

三部構成の通しで上演されている「仮名手本忠臣蔵」の三部だけ、八・九・十一段目を見物。(2006.9.12) 文楽鑑賞の経験は浅く、まだ機微仔細を味わうまで至っていません。ただただ“人形浄瑠璃というもの”に胸をうたれました。 生でみなくちゃ分からない良さを、たくさん感じました。  : みている最中の漠然とした文楽の印象は、【表面張…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

生写朝顔話 : 生固唾

国立劇場での文楽公演。(2006.5月) 二部だけ切符をとって行きました。 とにかく「生写朝顔話」が……が、   文楽2006.5国立小劇 posted from フォト蔵 今まで文楽をみたのは、ほんの数回。 ひたすら「文楽」という芸能ジャンルに感心し、見学していた印象が残っています。 今回、前半の「義経千本桜 すし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more