テーマ:歌舞伎

歌舞伎座27年 寿初春大歌舞伎 : 初日幕アリ 日の丸ナシ。

歌舞伎座、ことしも初芝居の幕が開きました。 去年は日の丸が揚がっていたのに今年はなかった、なぜ?  : 昼夜見ました。 夜の部の最後、猿之助の黒塚が素晴しかった!!! 鬼女が見せる人外のパワーが 世事の小悪を薙ぎ払うかのように思えました。  : あれは荒事だね、 老婆の皮をかぶった五郎ですよ。  : 爽快な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

趣向の華 : ファイナルなんて云わないで

今年でファイナルの「趣向の華」 2014/08/23~25の3日間 5公演中、 私が行けたのは最終日の2公演、 楽しかった……としか云いようがないです。 ありがとうございます。 ごちそうさまでした。  : ところかたちを変えたりしてまたやってほしい。 昼の部の二本目、落語を元にした「三軒長屋」最高。    これが一回こっきり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆる伎座④ : 定式幕を流し撮りしてみた。

歌舞伎座。 幕間の緞帳紹介が終わって定式幕が閉まる、 そこを「流し撮り」してみた……が、 なんせ対象の速度が遅いからもっとシャッタースピード落とさなきゃ 流れた感じにならないんでしょうかね。  : 流し撮りむづかしい。 これで1/8秒。 流し撮りむづかしい。 こちらもどーぞ。   ゆる伎座 旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[旧 歌舞伎座編①] 歌舞伎座をゆるく撮る : ゆる伎座

[昭和]という感じですが、平成19年の光景です ハードディスクを漁ったら、 先代の歌舞伎座の[ゆる]っぽいのがありました。  : もともとゆるかったのかな、私は。 こちらもどーぞ。   ゆる伎座③   ゆる伎座②   ゆる伎座① お弁当おいしそう だいだい …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゆる伎座② : 歌舞伎座をゆるく撮る

うなだれて、裏あじさい 前編[ゆる伎座①]はこちら 銀座ホンカン 柄ですか? うつりこみ お出ましください ……てぬぐいぶろ…… 演劇界 2014年 09月号 [雑誌]小学館 2014-08-05 花盛り! 二十代若手花形 尾上松也 中村梅枝…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座をゆるく撮る : ゆる伎座①

今年に入って「ゆる鉄」というのを知り、とっても影響を受けました。  : 鉄道をゆるく撮ると面白いのなら、 歌舞伎座をゆるめに撮ってみてもいいかも? と考え、 いかにも歌舞伎座でゴザイな、   ↑こういう写真じゃない撮り方を試してみました。 云ってみれば、 「ゆる伎座」……!!! どうでしょ? …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ガチャピンで歌舞伎? : 描いてみた。

歌舞伎化されたガチャピン、ムック。   <クリアファイル> こういうのがあるなら、こんなのもどうかな? って思って描いてみた。   <元気良く音読推奨→吉良家! ポンキッキ> 歌舞伎座で「大石最後の一日」を見ながら ずっと頭にこびりついてたダジャレです。  : 仮名手本忠臣蔵だと「高家」だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歌舞伎鑑賞教室「ぢいさんばあさん」 : 懐古の感覚。

 : 駕籠が入ってくるところ、  : 以前見た玉三郎、福助のるんは、 下手大臣の奥に駕籠を止め、 そこから奥向きにすっと立ち上がるやり方だった。  : その後ろ姿がすごい好き。 白髪の片外しが見えることで、 彼女の武家に使えた半生が つぶさに見えてくるような感慨を覚えるから。  : 今回、駕籠は下手奥より登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初から憑かれてる? 菊之助の鏡獅子 : 歌舞伎座五月大歌舞伎

鏡獅子。 連休中に一度見て心のどこかが釘付けになったので、その三日後に幕見してきた。  : 一度目は舞台に張り詰めた厳かさに飲まれてしまったので、二度目は「今度はこちらの気魄で飲み込んでやる」と妙な意気込みで臨んだ。だって菊之助の弥生がピュアな依り代すぎるから。  : 獅子より先に私が憑依してやると思って念を送りながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治座五月花形歌舞伎 : 鳥居前の瑞々しさ。

染五郎が座頭をつとめる今月の明治座。昼夜どちらに比重がおかれているかといえば、やはり夜の「伊達の十役」なんでしょうね。「数十回の早替えで十役に挑戦」とか、めちゃめちゃ気合いが入った演目だと宣伝されているのを受け、夜がメインディッシュ、昼はまあサイドディッシュかな? みたいな印象を持ってました。  : で、昼の部見たんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座 : こけら落しの筋書きの「かき」間違い

    :  : 初っ端でやらかして、 どん尻でまたやらかした。  : ご担当者がふたたび青ざめたことを想像し、 こちらも血の引く思いだよ。  : 筋書の表紙の題字、だれもが一番に目にするところ だからこそ? ……まさかってあるんだね。 ◇コケラ落し平成25年4月の改訂    ◇コケラ落し平…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スーパー歌舞伎Ⅱ「空ヲ刻ム者」 : えーと、率直な感想です。

演舞場のスーパー歌舞伎Ⅱ「空ヲ刻ム者」を楽しく見たんですが、猿之助と佐々木蔵之介の仲睦まじい雰囲気に、ちょっとこそばゆくなりました。  : 手をつないで宙乗りしてるご両人を目前にしたときの、率直な感想です。 ……てぬぐいぶろ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊之助のシッポ : 歌舞伎座二月花形歌舞伎 白浪五人男

   歌舞伎座二月花形歌舞伎 白浪五人男  : 菊之助がキレイ。萌えました。 でも非の打ち所がない綺麗さは、浜松屋店先後半では「非」になってしまう。 ほかは大満足だっただけに、ここだけが惜しいところ。  : しっぽを出しちまって、化けてるのをバラしてしまうときの 「若くて美しい娘」→「ひらきなおった賊」 へ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地口行灯かいた : 梨園のヨメ2題+1

初午にあわせようと思ったけど思いつかなくて遅くなった。     (左)[帰命稽首(きみょう けいしゅ)、敬ってもうす/勧進帳] (右)[蛇籠(じゃかご)になるな竹夫人/松浦の太鼓] ※(発掘)以前に描いたもの↓     [祇園一力茶屋の場] はいはい、鷹揚なご見物を。 ……てぬぐい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音羽屋の重圧+播磨屋の重圧+α : 研修発表会

   お弟子さんたちによる研修発表会。  : 大歌舞伎と違って「役者を見る」より 「芝居を見る」という成分が濃くなる。 いろいろ気づくことが多かった。 特に浜松屋見てあらためて感じたこと。 鳶頭すごい大事。 鳶頭の侠気で芝居のエッジが利くんだね。 普段の團蔵のよさを再認識 (こけらで幸四郎がやった理由もわ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「三千両初春駒曳」 : 国立劇場のお正月

     <初日 鏡開き> ああ、日本のお正月。  : 国立劇場「三千両初春駒曳」(さんぜんりょうはるのこまひき)  : しがらみに捕われず気ままとも見える小田信孝という役、 泰然とした大物キャラが菊五郎にはまってました。 愛嬌、色気、華やかさが春風駘蕩。  : 女方、立役さまざまなこしらえで登場する菊之助。 皇女…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワタクシする海老蔵 : 壽三升景清

    : 初芝居は演舞場の初日から。  : 二幕目終盤の立ち回りで、舞台奥に唐突にあらわれる“巨エビ”(しかも市川家の紋の三升や牡丹も付属)を見ながら、「なんて<わたくし>してるんだろ」と感じた。 舞台の「私物化」といえば私物化なんだろうけど、見ている方だってそんなこと百も承知で<あくまで海老蔵>を見に来てるわけだから、海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい歌舞伎座の軒わらび : 初めて使われてるとこ見た。

    : 勝手に「軒わらび」と呼んでいる「旗掲揚用金具」、 新しい歌舞伎座ができてから初めて使われているのを目撃しました。 ちなみに先代の歌舞伎座ではこのような形でした。       渦巻き型にくらべるとシンプル……というか味気なし。ですね。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎フェイスパック : 公開されてる使用中画像をまとめました。

昨年12月6日に発売され、通販では品薄が続いている【歌舞伎フェイスパック】、私はまだ入手してませんがコレが気になってしかたがないです。  : 「どんなんだろう」と使用例をネット探してみつけた、 皆様の[使ってみた]系の画像をまとめてみました。 ◇http://matome.naver.jp/odai/213882502534…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座 : 仮名手本忠臣蔵 十二月

歌舞伎座で二ヶ月続きの仮名手本忠臣蔵。  : 名作だからね、やっぱり面白いんだよね。見所も多いし充実してる。 この狂言に対しては役者の意気込みも一際って気もするし。大満足でした。  : 見るたびに改めて面白さを発見できるんだね、名作って。 こんなに面白いんなら 来月も忠臣蔵通しでいいのに もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座 : ご利益ご利益。

先日七、十一段目を幕見しました。 最後列の最も上手側に座りました。 そのとき撮った写真の一枚に、偶然写ってました。 撮ったときは気づかなかったのですが、 下手側大臣柱のところをよくよく見れば、 舞台の床を撫でるお姉さんが!!!   その床板を撫でた手を体の悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二次創作可? : コスプレくまどりんクン

過日、くまどりんクンからコメントをいただきました。 うれしかった。  : さて、今月もコスプレした彼をみられるのでしょうか。 歌舞伎座も国立も観劇予定がまだこれからなので、気になってます。 劇場に行く楽しみが増えましたよ。  : で、いろんなくまどりんクンの姿を想像しているうちに 自分でも描いてみたくなり、 サクッと勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスプレくまどりん : 十兵衛ヴァージョン

上演演目にちなんだコスプレくまどりん、 (くまどりん=イヤホンガイドの公式キャラクター) 今月、歌舞伎座では見つけられなかったけど国立劇場にいた。 伊賀越道中双六 千本松原の十兵衛でしょうね。      <先月の千本桜ヴァージョン/歌舞伎座>   <スロープ長かった> ……てぬぐいぶろ……
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

七段目 芝雀のお軽 : 虚構内存在w

   ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 先日みた七段目、芝雀のお軽。 かんざしを落とすところで糸が袖(手?)に絡まったのか 一瞬かんざしが空中浮遊状態に、 芝雀は「はっ」とあわてて振りほどくように落としてました。  : そのときは、 「まあベテランにだってそういう日もあるさ」と 私は見なかったことにしたのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座十一月「仮名手本忠臣蔵」 : 力彌、力彌……

今週行った仮名手本忠臣蔵、 三階で通し見物したら足腰痛くなった。  : 一等のイイ椅子に座れば そう痛みに堪えることもないんだろうけどね。 でもやっぱり、銭かねのこと抜きにしても 三階からの眺めが好きなんです。  : 三階にイイ椅子ください。  : で、力彌が強く印象に残ってます。 四段目の梅枝、 七段目、十一段目の鷹之資どちらも。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more