初日雑感「表に出ろいっ!」 : バカバカしさが浮き彫りにするもの

表に出ろいっ! 初日
 
[歌舞伎座建て替え中の恩恵?]
野田地図にはここ数年触手が動かなかったけど、
今回は「勘三郞出演」に惹かれて切符を取った。
見に行ってよかった。
非常に楽しかった。
この共演が勘九郎時代に叶っていたら、
もっと、しっちゃかめっちゃかにヒートアップした
未曾有の熱い舞台が実現していたのかも。

[ちゃんと起承転結]
野田秀樹の作品をそんなに沢山見ているわけじゃないけど、
これほど「筋」が明確なものは始めてだと思う。
どういう話なのかを、見てない人にザックリ語れてしまう。
野田作品は「奇・妄・転・翔」という印象なんだけど、
これはやはり「番外」の位置づけなんだろうな。
 :
えー、具体的な内容を書くのは自粛しますが、大まかに云うと、
父母娘それぞれの「はまり」の都合がかちあって、
妥協点が見出せず、自分勝手すぎる主張を繰り返し、
がんじがらめになってしまう……。
というのが話の流れ(かな)。

[表現効果の馬鹿馬鹿しさ]
三人のやりとりが本当にばかばかしくて滑稽で大笑いした。
あのバトルは、単に悪ふざけじゃなく、
言動が無邪気でばかばかしいほど
作品の骨を固めていく方向にあるんだな、とも思った。
 :
断片は案外身近で見聞したことあるようなことだったりする。
 :
芝居の登場人物をみて笑っているけど、
実はベクトルはひるがえって、
他愛のないモノに血道をあげている自分を
嘲笑しているようにも思えたり。

[えっ、新作落語みたい]
漠然とした私見だけど、途中で思ったのは、
この雰囲気って、
柳家喬太郎の新作落語を聞いているような楽しさに似てる。
なんとなくね。
 :
 :
だとしたらサゲが弱い。それが残念。
落語じゃないからあれでいいのかしらん、かしらん?
 
[グッズ]
終演後、
ロビーで某キャラTシャツを売り出してないか探してしまった。
パンフと手ぬぐい2種(各600円)は確認。

  

……てぬぐいぶろ……


この記事へのコメント

デロ
2010年09月07日 20:54
爆笑! 隙のない芝居で引き込まれて行きました。小劇場ならではの舞台と一体感となる空間もいい。水が飲みたくなります。
てぬぐい…
2010年09月08日 10:12
◇デロさん、コメントありがとうございます。
私も、小さい劇場での一体感を久しぶりに味わい満足でした。

この記事へのトラックバック