Google マップ : 東京ディズニー・ランドのマークトウェイン号は……


知っている人にとっては、(何をいまさら!!)
ずっと前から常識だったのかもしれませんが、
私は驚きました。
 :
東京ディズニー・ランドのマークトウェイン号
二艘あったんですね。
Googleマップを眺めていて見つけ、一瞬凝固。
以前の写真は1艘だったのに、
過日、更新されたものでは、2艘写ってる。

  マークトウェイン号
  <以前のGoogleマップの写真>
小さくて画質わるいんで見にくいと思いますが、
アメリカ河を行く大きな船は一艘。
 :
で、最近の画像。



  マークトウェイン号
  <トムソーヤ島をはさんで対称に航行>

確か一周10数分だったと思います。
なので、6~7分間隔で着船してるときは、
二隻でまわしてるってことですね。
もう一艘は、普段どこに停泊しているんだろう?
それとも、
二艘どころじゃなくてもっと多数なのかしらん。
 :
あれっ?
マークトウェイン号が2艘以上はある? ってことは、
もしかしてミッキーさんも2体……


  
  大きな地図で見る

[※追記4/7]
とこさんのコメントいただいての追記です。
(下のコメント欄参照)
 :
2隻あること知った後で浦安座行ったとき、
 :
1.マークトウェイン号に乗ろうと船着場へ。
2.丁度、前便の乗船が締め切られたところだった。
3.すでに乗って出航を待っている
方々の顔ぶれをよく見ておいた。
4.十数分後、船がやってきた。
5.下船してくる顔ぶれは、先ほど覚えた顔だった。
(つまり現在運行しているのは1隻と確信)
6.乗船
7.では、もう1隻は“ドック”に停泊しているはずだろう。
8.燃える小屋にさしかかり、左舷からドックを観察。
9.そこには船はいなかった。
 :
で、普段どこに停泊しているんだろう?
とフシギに思った次第です。

そのとき撮った、空ドックの写真。

  マークトウェイン号ドック
 
気になったので、Google以外の地図Siteでも
マークトウェイン号の航空写真探してみました。

[国土地理院 昭和59年]
  マークトウェイン号

[国土地理院 平成元年]
  マークトウェイン号

ここには、
ドック・インしているマークトウェイン号が写ってます。
  マークトウェイン号ドック・イン

[msnの地図]
  マークトウェイン号

[ライブドアの地図]
  マークトウェイン号

[gooの地図]
  マークトウェイン号

と、停泊中にせよ運行中にせよ、
Google以外に2隻同時に写っているものなかったです。
 :
個人的見解として申しますが、
「謎はふかまった」
(愛と魔法で解き明かしたい)
(夢と冒険で真実を知りたい)

……てぬぐいぶろ……


この記事へのコメント

とこ
2008年04月06日 09:39
お早う御座います。
>もう一艘は、普段どこに停泊しているんだろう?
との事ですが、トム・ソーヤ島の「燃える小屋」の反対側です。つい「燃える小屋」を見てしまうので、その間にドック(停泊場)を通過します。
<トムソーヤ島をはさんで対称に航行>写真の上にドックがありますよ~。惜しい事に、丁度見切れて(?)いますね。
喜三二
2008年04月06日 18:10
ここにお書きの日記とハ関係ないんでやすが、金つばからたどって来やした。金つば収集と整理の見事さに感服いたしやした。
そこに紹介されているお見世から甲府のお方かと。あっしつい先の秋まで長坂に二十年ほどおりやして。懐かしい見世の名がいくつも載っておりやしたもんで、つい文ィいれさせてもらいやした。いまァお江戸に戻っておりやす。銀座は昔の島でして。

お暇があったら、あっしの風呂具(ぶろぐ)の覗いておくんなさいナ。『喜三二江戸っ子修業手控帖』で引いておくんなさい。

 喜の字
てぬぐい…
2008年04月07日 00:19
◇とこさんありがとうございます。ドックのことは知っていました。ですが……。
 :
先日、2隻あること知った後で浦安座行ったとき、。
 :
1.マークトウェイン号に乗ろうと船着場へ。
2.丁度、前便の乗船が締め切られたところだった。
3.すでに乗って出航を待っている、方々の顔ぶれをよく見ておいた。
4.十数分後、船がやってきた。
5.下船してくる顔ぶれは、先ほど覚えた顔だった。
 :
(つまり現在運行しているのは1隻と確信)
 :
6.乗船
7.では、もう1隻は“ドック”に停泊しているはずだろう。
8.燃える小屋にさしかかり、左舷からドックを観察。
9.そこには船はいなかった。
 :
で、普段どこに停泊しているんだろう? とフシギに思った次第です。
 :
空のドックの写真も撮ったので、追記してみようと思います。
てぬぐい…
2008年04月07日 00:30
◇喜三二さん、「きんつば秘帖」お訪ねくださりありがとうございます。
 :
甲府に住いする者です。
江戸と甲府は徳川の頃に強い繋がりがあったんですよね。
いいなお江戸。
可能なら、いますぐ直轄領に戻してくださってもかまわないと思っています。
願わくば、勤番は芝居好きの方をよこしてくださいませ。

この記事へのトラックバック