……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎座こけら落し5月 : 「京鹿子娘二人道成寺」はふたり。

<<   作成日時 : 2013/05/06 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0


<♪仲は丸山 ただ丸かれと…>
 
「京鹿子娘二人道成寺」玉三郎・菊之助
 :
はっきり云ってやばいくらいエロいです。
「生の欲望」って意味でのエロスが、全身を焼き尽くすよう(おおげさか?)。
 :
初演のときは、

 花子が二人いる意味とはなんぞや?

などと何かを読み解こうとしてひたすら頭を使って見てた覚えがあります。
でも今回は、見聞きしたものを頭の中で言葉にする作業は無力化されて、まるで愛撫を受けているような感覚に酔ってました。
 :
ふたりが近づけば近づくほど、添えば添うほどコチラの胸がドキドキ・肌もぞわぞわしてしまうあれは何なのでしょう。
 :
 :
見物の前夜(5/3)に放送されたのニュース番組のなかで、インタビューを受けた玉三郎は、こんなことを語っていました。
ある大先輩が云っておられた言葉なんですけど、「今の時代ってのは技術は伝えられる、でも道を伝えにくい時代になった」と。

核家族というのですかね、家族も話さなくなってしまった時代。
芸道の世界にも核家族みたいなものがあって、みなさんがそれぞれ話さなくなった時代だと思うんですよ。

キーを打てば画面が出てきて、それで伝わると思う時代になってしまったんですね、いま。

でも私たちはやっぱり「一対一」だったり「口伝」だったりで伝えるものなのです。それが話さないでいたら伝えられないじゃないですか。言葉がきたないですけど「なし崩し」に伝えるんです

聞いてくれた人には、どんどん答える、誰でも。
私の持ち時間も少ないですし、もうそうしないと間に合わないと思います。

二人道成寺を見終えたあと、このインタビューを思い出し、「そうか」と私なりに合点したこがあります。
 :
なぜ「二人」なのか……ということ。

それは、

 一人じゃないってことですよ。

二人は、「私とあなた」または「あなたとだれか」とか「だれかとだれか」=『人と人』を表してるんじゃないでしょか。
 :
玉三郎は上のインタビューの答えのように、生身の他者と直に関わっていくことを大切に思うから、それは芸の伝承という意味だけでなく、私たちの生の意味をあらわすためでの「二人」なんじゃないでしょうか。
(他の思いもいっぱい籠めてると思うけどね)
 :
もう一度見たい。
いや、二度三度、いやいやホントできるものなら連日幕見に通いたい。
あんなに至幸・至福を与えてくれるなら、宗旨替えしてあの道成寺の檀家になってもいいって、また思いました。

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


歌舞伎座こけら落し5月 : 「京鹿子娘二人道成寺」はふたり。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる