……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 勘三郎

<<   作成日時 : 2012/12/05 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2


  ひゃーおもしろかった。興奮の中村座。





さよーならー






(ありがとうございました)





(ありがとうございました)

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。と申しましても何年も前に、歌舞伎などの感想をブログに書いていましたAKIと申します。ブログの名前「4麟KDW」を何と読むか当てて頂いたことがありますが、覚えていらっしゃるでしょうか…?
ブログはAOLブログがなくなるとともに閉鎖したのですが、今回こちらを思い出してやってまいりました。
私が歌舞伎が好きになったきっかけでもある勘三郎さんが亡くなったことは、ほんとうにさみしく、銀杏の散る季節にほんとに悲しいです。でもありがとうという気持ちでいっぱいですね。
歌舞伎観劇は今でも続けているので、また時々お邪魔いたします。
軒わらびの記事がずっと続いていて、嬉しく思いました。
今後ともよろしくお願いいたします。
4麟KDW
2012/12/07 21:46
◇4麟KDWさん、お懐かしい。
覚えておりますとも、チャーハンの作り方手順にツッコんだりしたこともありましたっけ。
 :
勘三カ丈の舞台をもう見られないという世界にいることがまだ信じられません。
私も「五代目勘九郎口」から歌舞伎見物に入ったひとりです。亡くなった日にここに思い出とか書こうとしたのですが、思い出す地点にしか立てないことが寂しすぎ、このようなブログ記事になってしまいました。
 :
前歌舞伎座最終の演目「助六」の通人に出ていた丈の最後の台詞をそのままおくる言葉とさせてもらいました。
あの場所で必ずまた会えると、そのことを微塵も疑うことなかったのに。
儚いものですね。
 :
勘三カの舞台を生で見ることができたことは尊い体験なのだと思います。
しかし、丈はいなくてもきっとまた、歓喜と興奮と琴線わしづかみの舞台に巡り会えることを信じ、劇場に足を運びつづけたいです。
 :
なんだか懐かしさも手伝って心情吐露みたいになってしまいごめんなさい。
コメントありがとうございました。
こちらからも、また、よろしくお願いいたします。
てぬぐい…
2012/12/08 01:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


勘三郎 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる