……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成中村座23年12月 : 勘太郎と菊之助コンビにやられたよ、特に関の扉。

<<   作成日時 : 2011/12/26 10:13   >>

トラックバック 2 / コメント 2

  IMG_7917
 
20日に行った平成中村座。雑々感。
 :
✪車引
勘太郎/梅王丸は外骨格生物かというくらい力強くバネもビンビン。どうしてあれで時平に太刀打ちできないのかが不可解だ。
 :
菊之助/桜丸と戦隊ロボみたいに合体したらいいのに、
 :
古典て、やはり書き換えてはいけないのだろうか。
たまには逆転ヴァージョンしてくれないでしょか。
 :
話の成り行きとか繋がりとか無視していいから、梅王+桜丸が時平をコテンパンにやっつける「車引」とか見てみたい。
成敗するところまでいかなくても、せめて互角に闘うバトルシーンとか。
境内を穢さない程度に(ここ重要)。
 :
合体→巨大化→最終兵器(必殺技)→見得(バーッタリ)にいたる部分の義太夫。
〽さすがだ梅王桜丸 心あわせて合体なしたり がきーん がきーん ガキンガキン ガキ〜ン 容貌魁偉の一つ身となり 牛車もろとも蹴散らしたり 〽これには敵わぬ立ちゆかぬ 松王もちろん時平のオトドもたじたじたじ 五体すくんで働かず。


✪寺子屋
菊之助/源蔵+七之助/戸波夫婦が美麗すぎて、武士とその女房に見えず、恋する男と女に見えてしまったよ。目の毒だね。


✪積恋雪関扉
  
勘太郎って頭が小さいから、関兵衛が貧弱になるのではと心配だったけど、(いままでこの役、わりと巨頭系役者でしか見てこなかったから)想像に反し違和感なく立派だった。増顔剤を盛ってるんだろうか。

いや、違和感どころか大納得。躍動する若々しい関兵衛が楽しかった。
次から次へと繰り出される振りを見ているのが面白い。常磐津が語ることばを越えて振りが喋くっていた。
何か企む怪しさはいまひとつのような気がしたけど、泰然自若の大物感が見てて気持ちよかった。勘太郎のあっけらかんとした雰囲気が作品のファンタジーな部分を空疎にさせず、保っていたんだろうな。
梅王では外骨格的力強さだったけど、この幕での印象は充血した海綿体のよう……
 :
そして何よりも、菊之助の墨染。
七之助の小町も綺麗だったけど、そこはまだ冷静に鑑賞できていた。
 :
でも下段になって 出てきた菊ちゃんはトロトロの色気を滴らせていて、感覚以前に身体が反応してしまうレベル。自分が蜜のかおりに誘われる虫になったような感覚だ。ぷ〜んと引き寄せられ、着物の隙間に鼻を突っ込んで甘露な樹液を吸い取りたいなんて思った。


_IM11751


✪関の扉 つづき
で、終盤でぶっかえったら、顔つきにちらっと菊五郎がみえたのがちょっとびっくり……。「血」ってすごいね。
菊之助の顔面をぶっかえらせたら菊五郎が出てくるんじゃないか、という妄想も少々。
 :
ところでこの日は、左肩のぶっかえりの糸が途中で解けてしまって胸のところが落ちてきちゃったてた。(ポロリだよ)
後見が二度ほど補修作業!!! して持ち堪えた? 様子。
 :
それを先の妄想とあわせて後日考えたら、
【重ねた着物の下に封印された「菊五郎の精」が、何かをうらやんで「外に出たい出しとくれ〜」とダダをこねているの図】というのが思い浮かんだ。




  


さておき、
そんな衣装トラブルなんて些細なこと、全編通しての面白さに没入してて全然気にならなかった。
 :
この曲、例えば切ない恋とか、たぎる情念とか、そこで起こる悲劇とかの「心の引っかけどころ」が無いのにもかかわらず、しかも、ところどころ奇妙な展開とかするくせに、不思議と萌えてしまうのはなぜだろ。
 :
最初から「関の扉」めあてで取った夜の部、ホント見逃さなくてよかった。

追伸※この二人で今、「鳴神」が見たいなあ。


関の扉 詞章

  IMG_7921

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海老蔵の暫 : 海老蔵の暫
平成中村座三月・昼の部。  : 初日以来ツイッターでは「キケン」だ、 海老蔵の暫、花道脇の席は「キケン」だと噂になっていて、 不安がつのりました。 自分も花脇の席を取っていたからです。  : で、実際行ってみて席に着くとこんな眺め。 ...続きを見る
……てぬぐいぶろ……
2012/03/25 00:52
対岸からの眺め : 平成中村座3月千穐楽[動画あり]
楽前日に立見に行った後、対岸を歩いてみた。 当たり前のことだけど「ここから見えるな」と思った。  : で、どんな風に見えるんだろ? という好奇心のみで 千穐楽の夜、芝居も見ないのに対岸に出向いてみた。  : 元禄花見踊を待つ。  : 見えた見えた。 予想外にも笛の音、柝の音まで聞こえてきた。  : 写真など撮ったけど舞台まで寄り切れないんだな、 実質300mmズームの限界。 しかも残念ながらピントもボケボケ、でも一応載せとく。 ...続きを見る
……てぬぐいぶろ……
2012/03/28 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
チラリズムだったのでしょうか。>衣装トラブル

あの時は、確実に菊パパが乗り移ってましたね。南座からお疲れ様です。
Yちゃん
2011/12/26 19:12
そして菊五郎の中には梅幸の精が。

Yちゃんさんのご感想はどちらにUpされているのでしょうか。
あるならぜひ読みたいです。
では。
てぬぐい…
2011/12/26 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


平成中村座23年12月 : 勘太郎と菊之助コンビにやられたよ、特に関の扉。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる