……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 演舞場[籠釣瓶]通し上演 : いま暴露される全過去特集……じゃなかった。

<<   作成日時 : 2011/05/26 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 3

いつもはかからない
「発端」からの上演だというので、
妖刀籠釣瓶がいかに妖刀であるのかという
来歴がわかるかと思ってた。
 :
はっきり云って、もっと刀の前科を知りたかった。
できるなら刀鍛冶が籠釣瓶を鍛えるところから見たかったよ。
刀鍛冶の一家にまつわるまがまがしい凶事が、
一本の刀に呪い込められ……みたいな。
(新感線思い出すなぁ)
 :
もともとそんな脚本じゃないんだね。

“明治時代から上演の絶えていた場面を
百有余年ぶりに復活し、
発端より大詰までを上演”
という呼び文句だったんだけどね。

  ちょうちん並んでる、東をどりの。

八ツ橋/福助、キレイに見えたよ、
前より顔の力が抜けてて。
年とっていくと、自分じゃ全部の筋肉を制御できなくなって、
たるみができる。
それが女形にいいんだと思う、まるみになって。
 :
それとも化粧のせいかな。
愛想づかしのあとの女子会(反省会)で九重/芝雀姉さんに、
極純白・京屋おしろいでも分けてもらったとか。
 
二役やってた壱太郎もキレイだった。
おいらん初菊では特に小顔な印象。
(しかも整ってる)
 :
想像上の清楚な生き物というか、
実物見たことないんだけど、
とある目的のために作られた<特殊な人形>みたいだった。


あわあせてどーぞ。
2006年秀山祭 籠釣瓶の感想
 <次郎左衛門/吉右衛門 八ツ橋/福助>

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
てぬぐいさん、こんにちは。

私も、期待していました
>妖刀籠釣瓶がいかに妖刀であるのかという
>来歴がわかるかと思ってた。

わかったことは「梅玉さんが前の持ち主」

福助さんの印象しかり、
壱太郎さんの印象しかりです!

もくせい
2011/05/31 18:56
てぬぐいさん、失礼しました。

都築武助は歌六さんでしたね。。。
もくせい
2011/06/03 15:59
◇もくせいさんどうも。(ご訂正コメントも)
同意いただいて嬉しいです。
芝居の前半を新作として、
刀の来歴とか面白く改作しちゃえばいいのにと思いました。
てぬぐい…
2011/06/05 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


演舞場[籠釣瓶]通し上演 : いま暴露される全過去特集……じゃなかった。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる