……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 演舞場初春花形歌舞伎・夜の部 : 海老蔵が飛車なら角行は?

<<   作成日時 : 2009/01/10 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

  
 
「封印切」の幕切れ、死を覚悟した忠兵衛・梅川のふたりが、ものすごくガクガク・ブルブルだった。
そんなに悲嘆するのは、死生観を現代的にとらえ過ぎなんじゃないか? と思いつつも、封印切みてはじめてジワッと胸がつまった。
花道を去るふたりが、全身泥だらけで逃げていくようだった。
 :
 :
「白浪五人男」 色気というのは「男らしさ・女らしさ」という枠づけに当てはまらないところにあるんだなぁと実感する。男がみても女がみても、海老蔵の弁天にはきっとゾクッとする一瞬がある。
 :
理屈のとおらない物事も、他に納得させる豪胆なオーラを持つという点で、海老蔵は抜きんでていると思う。番長のような柄と器の大きさと、「文句なんか云わせねえし、云ったところで聞く気やぁねぇ」的な支配力が見物を歌舞伎に惹き込んでいく。
でも、番長が番長として立つためには、必ず敵対する別の番長がいなければ、その度量も、組織の掌握力も空回りになってしまう。いま海老蔵に必要なのは、添って相手となってくれる女形より、舞台で並び立ち、互角に戦えるような好敵手の立役を得ることだと思った。
 :
もしかして今回の獅童って、その大駒さがしの試行?
(私は獅童の柄に可能性あり……とみたのですが)

[三浦洸一♪弁天小僧]


[そらみみ?弁天小僧]


……てぬぐいぶろ……


そして、海老蔵
世界文化社
村松 友視

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鋭い観察ですね。ありがとうございます。
今の海老蔵に欠けているのはライヴァルです。
確かに獅童は顔だけは迫力がありますが、肝も芸も未熟過ぎでしょう。と、なると同じような熱さの若手は亀治郎しかいません。
9月の岩藤とお初のバトルがその前に見た、菊五郎親子より数段ヒートアップしてまるで別のお芝居でした。
後半の『かさね』も然り。
海老蔵の滅茶苦茶に亀治郎はいつもの理屈三昧をかなぐり捨てて掛っていってました。
20年後の歌舞伎はこの二人が、相変わらず戦って隆盛を極めているような気がします。
甘海老
2009/01/11 09:44
◇甘海老さんコメントありがとうございます。
亀治郎であってくれれば、私もうれしいです。
 :
「そう、そう」と膝を打ちたくなる甘海老さんの評に、9月の演舞場をありありと思い出すことができました。
てぬぐい…
2009/01/12 02:12
なるほど!
urasimaru
2009/01/17 15:03
◇海老ラー!? の妄想でしょう。
てぬぐい…
2009/01/18 00:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


演舞場初春花形歌舞伎・夜の部 : 海老蔵が飛車なら角行は? ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる