……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮沢和史 弾き語りコンサート : 別れの養分

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮沢和史弾き語りコンサート
「寄り道2008夢の森」に出向きました。

  山梨県民文化ホール
  <やまなしワインコンサート*県民文化ホール>

舞台には椅子がひとつ譜面台がひとつ、あとギターが4本と小さな机だけ。シンプルで“原点的”なライブでした。
 :
曲間のトークでは、故郷甲府のこと、ブラジル(移民100年)の話、稚内の知人の思い出などが語られました。このトークがいいんですよ。話すときの声は歌よりも低く太く、聞いている者の肩を震わせるような響き。
 :
さらに、アンコールを含めて4編の自作詩の朗読もあったのですが、これがまたバツグンで極上。失礼ながら歌以上の感動を覚えてしまいました。
言葉の意味を押し付けるところがなく、まるで自分がその詩を黙読しているかのよう。聴いているのに読んでいる感覚が湧いてきました。発せられる言葉が、背中から沁み込んでしっかり胸に伝わってくる感じだったんです。
単に声がいいってだけではないですね。頭の奥に隠れている記憶を呼び起こすような、深いところまで届いてくる言葉の音でした。
 :
あと、全体を通してみて、彼の作品の底に流れているテーマって「別れ」じゃないだろうか、と考えました。でもそれは、悲しみや淋しさのマイナス面だけでなく、別れを経験するからこそ人って成長できるんじゃないかという、別れのある意味ポジティブなとらえ方。
「いつだって私たちは別れの前段階にいる。だからこそ今…」
みたいな訴えを強く感じました。
 :
アンコールには「島唄」と「神様の宝石でできた島」の2曲。
そしてラストに「四文字の抒情詩」の朗読。
四文字とは「さよなら」。
 :
ジーンと、
云いしれないあたたかさを胸に刻みました。

……てぬぐいぶろ……


寄り道2007 夏さがし
エイベックス・エンタテインメント
2008-02-27



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


宮沢和史 弾き語りコンサート : 別れの養分  ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる