……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真映画「ヤーチャイカ」 : 体内時計の時差ボケ

<<   作成日時 : 2008/09/14 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヤーチャイカ「ヤーチャイカ」はフォト・ストーリーの形を借りて描く、女と男をむすぶ、人と自然をむすぶ、そして地球と宇宙をむすぶ親和力の物語である。
通常の映画と違って、この作品の映像は静止している。
動かない絵によって、目に見えるものから見えないものへの通路が、私たちの心に開かれる。


監督 覚和歌子・谷川俊太郎
見終えて最初にしたことは
腕時計をみること。
 :
妙な感覚でした。
上映時間は70分だと聞いていたのですが、
正味70分間、ここでスクリーンをみつめていたのか?
もっと長かったようにも、短かったようににも思えて。
現実の時間との時差ボケにかかったようでした。
 :
客席に座ってなにかを見ているとき、体内の時計は
おおよその実時間を感じて動いているものですが、
この作品には、その基準をすっかり狂わされてしまいました。
 :
力技で引き込まれたようでもあり、
また、とっても自然な感覚でもあり。
普段感じている時間の流れとは明らかに異なる
ぽっかりとした時間を経験したのだと思います。

 **「ヤーチャイカ」ストーリーなど**

「たゆたう〜っ!!!」って感じなんです。
 :
写真によって切り取られた男と女の物語は、
決して観念的でも抽象的でもないんです。
今回のチラシに書かれていた注意書きの通り
「大人向けの内容」で、
ちゃんと? 男女の話が描かれているのですが、
そのリズムが、いまある映画・演劇の運びにはない
単にはやい・おそいであらわせない、
「ひろい」とでも云うようなテンポなんですよ。
 :
能をみている感覚に近かったです。
ただし、生者→亡霊という能のパターンとは逆の、
亡霊→生者という筋をたどる物語。
 :
幽玄の美意識を、
いまの、私たち同時代の感覚で捉え、描くのなら
こういう風になるのかな。
 :
 :
山梨県立科学館のプラネタリウムでの上映でした。
覚監督は舞台挨拶の中で
「紙芝居みたいな ささやかな……」
と作品を例えていました。

山梨県立科学館
<山梨県立科学館*夜景>


明日('08/9/15)夕刻、もう一回上映あります。
谷川・覚両監督の舞台挨拶あり。

……てぬぐいぶろ……


よっちゃんのす漬けいか
【原材料名】いか、醸造酢、食塩、醗酵調味料、D-ソルビット、調味料(アミノ酸等:大豆・ゼラチン由来)
<失礼。音の響きが似ているんですョ よっちゃんイカ>

P.W Babies Paperback
MOON RIDERS Records
2005-05-11
moonriders
<「♪スペースエイジのバラッド」ではじめて聞いたヤーチャイカということば>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


写真映画「ヤーチャイカ」 : 体内時計の時差ボケ ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる