……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎座11月 : 松羽目

<<   作成日時 : 2007/11/25 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今月は、土蜘が面白かった。
テンポある展開に興奮しているうちに、
あっという間に幕になっていました。
 :
一景一景大道具が変わっていく、
場数が多い狂言は目に楽しいものですが、
たとえ松羽目一杯の飾りだけでも、
「土蜘」みたいに間髪入れず次から次へと
好みの役者をみせてくれる作品は、
こころ楽しくわくわくするものですね。
 :
役者の登場が、何にも勝る舞台転換。
粒揃いの配役も顔見世興業の醍醐味でしょうか。
 :
ところで、松羽目って不思議なものです。
元になった能舞台もそうですが、
見物は、そこが
「竹林の中の松の大木の前」
だとは思って見ないわけですね。
 :
普通に考えるなら、
あれだけ大きく松や竹が描かれていれば、
印象の強い存在感を醸すはずです。
ところが、いつのまにか(または、始めから)
それが松であることを忘れて、
特に深い意味のない背景だと認識して
舞台をみているような気がします。
 :
あると思えばあり、
ないと思えばない。
 :
そうみてしまうのは、慣れかもしれませんし、
約束事を刷り込まれているのかもしれません。
それとも「松」「竹」などは、
日本人が一瞬で記号化してしまうモチーフ?
だからかなあ。

松

間狂言みたいな部分で東蔵登場。
柔らかくて、なごみを生み出す、
ミルクのような存在。
以前、舟弁慶の間に
船頭で出ていたときにも思ったのですが、
踊りがしなやかですね。
今回もそう思いました。
(ミルキー東蔵・はあと)

新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)
僧智籌実は土蜘の精 * 菊五郎
番卒太郎 * 仁左衛門
巫子榊 * 芝 雀
侍女胡蝶 * 菊之助
渡辺源氏綱 * 権十郎
坂田公時 * 亀 蔵
碓井貞光 * 亀三郎
ト部季武 * 市 蔵
石神 * 玉太郎
太刀持音若 * 鷹之資
番卒藤内 * 東 蔵
平井保昌 * 左團次
番卒次郎 * 梅 玉
源頼光 * 富十郎

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


歌舞伎座11月 : 松羽目 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる