……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 深沢幸雄展 : メゾチント

<<   作成日時 : 2007/11/01 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

分数は版画のID?
 :
山梨県立美術館で「深沢幸雄展」開催中。
 :
カラーで刷られた作品の色づかいが楽しく可愛い。
“可愛い”という喩えは適当でないかもしれませんが、
初期の頃からポップな味わいがあり、
微笑ましい雰囲気が感じられました。

  深沢幸雄展

作品に多くみられた「メゾチント」という版画技法があること、
知りませんでした。
 :
【手順1】
先ず銅板に細かく溝を刻み、全面をザラザラの状態にする。
これを目立てというらしい。
(目立てだけの状態で刷れば、真っ黒)
【手順2】
次にインクの乗らない白い部分を作るため、
ザラザラを削り取り、滑らかな平面箇所を作り出していく。
(グラデーションは、ザラザラを削り取る度合いで表現する)
 :
ベルソーという刃物で銅板に細かい溝を刻むのは、
ものすごく大変な作業らしいのですが、
深沢幸雄氏は、この目立てを電動で行うマシン、
「チンタラ一世号」を昭和56年に開発したそうです。
 :
アトリエを紹介したビデオのなかでも、
チンタラ号が活躍する場面が描かれていました。
ご自身の分身なのか、
機械に等身大の人形が取り付けられていました。
微笑まし。

版画HANGA百科事典・メゾチントA 道具編
 版画HANGA百科事典・メゾチントB 実践編

深沢幸雄銅版画展2001

深沢幸雄年譜(南アルプス市)
  <昭和が67年まである!!>

山梨県立美術館
  深沢幸雄展チラシ部分


……てぬぐいぶろ……


<1954(昭和29)年 この頃から独学で銅版画を始める。>
銅版画のテクニック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


深沢幸雄展 : メゾチント ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる