……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」 : 思い出す。

<<   作成日時 : 2007/01/23 23:59   >>

トラックバック 1 / コメント 8

シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」長い題名。
「京娘²。」=(略)
生でみたときの興奮がよみがえるぅ。
 :
 :
本当は菊之助の一人立ちのはずなのに、映画では玉三郎の映像に差し変えられていたところがありました。
 :
本舞台に入り、何用あってここへ来たと問われ、
「鐘の供養があると聞きはるばると来たほどに、どうぞ拝ませてくださんせいな」
と答える台詞の部分
 :
その後問答あって
「もし坊さん、どうぞ拝ませてくださんせいな」
と再度お願いするところ
 :
終盤、♪ただ頼め〜
「出雲の神様と約束あれば」
 :
この3ヶ所気づきました。
神だとか拝むだとか信仰にまつわる箇所だったので、やけに意味深な編集に思われました。
 :
この「菊花」を覆う「玉花」映像の挿入は、作品としては「おばけ」になり、違和感を覚えます。
でも、玉三郎はそんなこと承知で意図的に編集したはずです。
意図はナンだろうと考えました。
 :
思い付いただけでまとめられないのですが……
これ記憶の性質に似ていませんか。
以前の経験を思い出すとき、どうしてもあいまいだったり、混じっちゃったりする記憶に似ているなって思ったんです。
 :
5年後とか10年後に「京娘²。」を思い返すとき、
曲にのせ、頭のなかに蘇る画像は、
おもに昨年の記憶かもしれない、
でも、ところどころ16年初演のときの印象が勝っていたり、
もしかしてぜんぜん違う踊り手の(一人)道成寺にひっぱられたりするかもしれない。
そうやって脳内のリンクを跳びながら記憶を組み立てて、再生される思い出のヴィジョンに、この映画の仕掛けはよく似ているな……
みたいなことを思いました。
 :
そもそも同一人物の白拍子花子を二人で踊るっていうだけで、記憶には混乱を招かせているのに。
今度はスクリーンの二人も加わって、後々思い出すときにはさらに(豊かに)戸惑ってしまいそう。
記憶のなかには、自分勝手な編集をした私家版が残っていくんですよね。
 :
玉三郎の意図って云うのは、記憶を説く美学?
みた人の心のなかに、多色の墨流しのように定着する過去を体現ってこと?
(あると思えばあり、ないと思えばなし)
 :
自分でなに書いているのかわからなくなってきました。
切り上げますが、
拙記事に直次さんからいただいた、
『娘道成寺』を踊ったひとたちすべての幻
というコメント、すごく腑に落ちました。
 
  シネマ/京娘²。

(シネマ歌舞伎、大きなスクリーンもいいですが、家で独りでDVDかなんかでみたほうが、胸に沁みると思う)

……てぬぐいぶろ……


<コレは 京娘¹。>
坂東玉三郎舞踊集1 京鹿子娘道成寺 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シネマ歌舞伎・京鹿子娘二人道成寺・サブリミナル玉様
3月31日から,シネコンMOVIX京都で,シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」の ...続きを見る
風知草
2007/04/05 17:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あっ、御覧になったんですね。
直感だけで、うまく説明できなかったコメントを、もつれた糸をほぐすように言葉にしてゆく、てぬぐいさまの、分析力・言語力に感服してます。

そう。思い返すと、初演と再演のおおきな差は、力点、でした。
初演は、初日が開いて間もなく、ということもあって。(すっぽんからの出ながら)あきらかに、玉三郎がひっぱり、菊之助が懸命に追走する、やまびこ・リエゾン型。二人並んでタイム差で踊る振りもあったような・・・

それが。再演時は、微妙に力点が菊之助に移り、玉三郎は(インパクト強烈ながら)影身に添う・サポート型に変った、という印象でした。
映画では、さらにその度合いが進み・・・

興味深かったのは、玉さんの踊りの「くせ」のようなところまで、菊ちゃんが細かくとって正確に踊るところ。同じ振りが、違う身体、異なる気性の踊り手で、これほど印象が違ってくるものか!と。

DVDの発売、こころから待たれます。
こころおきなく、ひとりで、つくづくと観たいです。
直次
2007/01/24 12:15
◇直次さんありがとうございます。
 :
ぐだぐだ書きましたが、思い出せば思い出すほど……実はことばにならないです。
初演をみたときの胸が詰まるような感覚もまた湧いてきたりして。
今は、素晴らしい予告編を何回も繰り返してみてます。
てぬぐい…
2007/01/24 18:44
挿入された映像に、なぜかぞくっしました。
あれはなんなんだろう?
さて、挿入箇所はもう1ヶ所。花笠踊りの前半「♪わき〜て〜いわれぬ〜」でちょこっと挿入されてます。私は2回目でやっと確信をもちました。
そして、ナマダコにはどうやら吸盤あるようです(笑)。何度みてもイボイボあるようにみえます。DVDでスロー再生にしたいです。
まこ
URL
2007/01/26 22:17
◇吸盤のはなし、覚えていてくれたんですね。まこさん、嬉しい。
もう一つの挿入箇所は気づきませんでした。
「兄とも弟とも云えないくらい一つ身なの、あたしたち」というココロか?
てぬぐい…
2007/01/28 00:20
私も1/20に観てまいりました。感想は以下のところです。http://blog.goo.ne.jp/pika1214/d/20070121
>「菊花」を覆う「玉花」映像の挿入.....
白拍子花子と白拍子桜子という二人道成寺が普通らしいのですが、二人とも白拍子花子にしたという二人で一人という演出を映像面でも表現したものだと思いました。
早めに東劇についていたのでプログラムをしっかり読んでから観たので違和感がなかったのかもしれませんが。切り替わりが細かくここだとわからないうちにあれっ替わっているという場面がけっこうありました。途中からチェックはもういいやって思ってしまったからかもしれませんけど(^^ゞ
ぴかちゅう
URL
2007/01/29 01:05
◇ぴかちゅうさん、私も鳥肌!!
花道でなにが行われていたのかやっとわかりましたし。
 :
特に玉花子のすっぽんの引っ込みに一番ゾクッときました。「光と影」という視覚的な区分けだけではない二人の異質さを肌に感じました。
この曲、いつまでも妄想たくましくさせます。
ありがとうございました。
てぬぐい…
2007/01/29 02:35
>てぬぐいさま
二度の上演のとき,頭痛くなるまで考えたことがシネマですとんと落ちました。拙宅も玉菊談義で盛り上がりました。もしお暇なときにでも御覧ください。キーワードはサブリミナル玉様です。
とみ
URL
2007/04/05 17:56
◇おとみさん、いただいたコメントを最初に拝読したとき“玉”を“王”と読み間違え、
「サブリミナル王様」
ってどんな王様なんだ?と一瞬頭が真っ白になりました。(失礼)
 :
君臨して支配する感じかな?……と。
てぬぐい…
2007/04/06 02:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」 : 思い出す。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる