……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 海老蔵襲名興行 : 千穐楽

<<   作成日時 : 2005/09/27 17:46   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像
昨年5月に歌舞伎座で幕を開けた
「十一代目市川海老蔵襲名披露」。
昨日、千穐楽でした。
 :
2005年9月26日(月)
運良く手に入ったチケットを握りしめ、三珠町歌舞伎文化公園・ふるさと会館へ。
駐車場の心配もあったので少し早めに着くようにしたのですが、他の方々も同じ理由からか16:30の開場を前に、もうたくさんの人が入り口付近に押しかけていました。
 :
満員の客席。
ザワザワとはしていました。ですが、千穐楽に臨む見物の気負いや昂揚が客席に立ち込める……という感じではなく、むしろ落ち着いた雰囲気が占めていたような気がします。

  三珠町

七月に観たときは「わっ、海老蔵だ、海老蔵だ」と彼の存在感にひたすら惹き込まれた「実盛物語」でしたが、今回は芝居の内容のほうがグッとこちらに迫ってくるようでした。
葵太夫の云う「おとなの実盛」がそういう印象を与えたのでしょうか。
半面、子役との芝居の端々には、おとなでない「海老蔵のガキ」が残っているように見えました。ですがその愛嬌も、無くてはならない海老蔵の味でしょう。
洟をかんであげるところなど、太郎吉と並んでみると身長差は大きいものの、印象はさして年の離れていない兄弟のようにみえてしまいました。
個人的希望は、やんちゃな「ガキ」の部分も持ったまま、深い芝居もできる役者になっていってほしいといったところです。(すでになっているのかもしれない)
 :
「口上」
團十郎、病気療養のため休演につき、自ら座頭となり口上を進行。
『(昨年)五月・六月の歌舞伎座を皮切りに、
七月松竹座、九月御園座、十月にパリのシャイヨー劇場、
十二月は京都の南座、また六月は博多の博多座、
またこの七月・九月に巡業がありまして、
やっと今日が千穐楽でございます。(口元に笑み)
襲名公演を終えまして、
海老蔵としてやっと出発点に立てたんではないかという気持ちでおります』
 :
團十郎だったらきっと
「また、市川家とは、大変ゆかりの深いご当地において、千穐楽を迎えることができましたのも……」とか云ってくれたかもしれないですね。
 :
家橘、右之助、市蔵は特に千穐楽に触れることなくあっさり。
 :
「お祭り」では、
團十郎に代わって鳶頭を務めた海老蔵。
キリっとしたいい男っぷりも爽快。
なぜか、芸者で出た右之助の踊る姿が、
品よくキレイだったことのほうが頭に残っています。
 :
19:10終演。
中身のほうも楽日の特別感なく幕。
 :
公演は終わりました。しかし偶然の僥倖。
私にはもう一芝居残っていました。
 :
芝居の興奮に酔いつつ
会館から帰路、車を走らせていました。
(以下、道の名称は地元の人しか解らないでしょうが)
笛吹川沿いを甲府へ向かい、中道の下曽根橋を渡ったあたり。
そこから新新平和通りというところ、
片側2車線になったとたん
私の右を追い越していく黒塗りのハイヤーがいました。
「ずいぶん飛ばしてるなあ」、と思い
ふとその車に目をやると、
後部席に乗客のシルエットが浮かびました。
 :
『坊主あたまの大男!』
 :
「……嘘ッ!」
考えました。
同じ道を走ってきた可能性はありますし、
この道を一直線に北上すれば、
行き着く先は甲府駅。
たとえ私の勘違いで法事帰りの僧侶であったとしてもいいや。
「うん、これはイッテみるしかないでしょう」
と言葉にし、追跡行動に移りました。
普段、“出待ち”などは絶対やらない私ですが、
どうしたというのでしょう。
 :
ハイヤーは、新平和通り、平和通りとまっすぐ走り甲府駅着。
私もあわてて駅前の空きスペースに車を突っ込み、外へ。
 :
降りていらっしゃいました。
容貌魁偉な風貌は間違いありません。
ヴィトンの鞄をころがして、
白のジョギングウェア?をお召しになり、
頭の上には眼鏡を跳ね上げ、
下駄をカラコロ響かせて。
芝居を終えた歌舞伎役者というより、私の目には
試合を終えた格闘家のように映りました。
 :
プラットホームの先に消えていく姿を
地元の代表になったつもりで(何様だよ)
そっと陰から見送りました。

 甲府駅 <おつかれさまです>

追跡経路近辺地図(Mapfan)

……てぬぐいぶろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
わお!またレア画像が(笑)。
しかし記事を読まないと
「なんでヤン○ーの写真なんかアップしてるんだろ?」
って感じも。。
あっ、違うの、私、海老様好きですよ。
本当に!
asri
2005/09/28 00:41
◇asariさん、文中で写真がどなたかは明記しておりませぬ(と、勝手掲載の言い訳)。
ご当人、近寄りがたい雰囲気はoverヤン○ー、overヤ○○。いや、怖いってことじゃなく、神々しいってことで。
拝んじゃいますよ。本当に!
てぬぐい…
2005/09/28 18:16
葵太夫さんの日記を読んで来ました。
わお!すごいですう。
ヴィトンのキャスター鞄なんですねー。
urasimaru
2005/09/28 20:32
私が拝見したエビ様もこのようなスタイルでした。
2、3歩後を歩いたのですが、足が綺麗で体毛が薄いのに睫毛が2cm位ある超美形でありました。
お声も聞きましたわよ。うっとり。

それにしても、歌舞伎の御曹司とは見えないファッション。女避けかも知れませぬな。
フジ子
2005/09/29 00:17
◇urasimaruさん。
市川家はヴィトンの家と交流があって、なんか一式あつらえたとか贈られたとか?、ドキュメンタリーでやってましたよ。

◇フジ子さん、2、3歩うしろから穴のあくほど見つめたんでしょうか、観察しすぎですよ。
でも、うっとりな気分はよくわかります。
舞台でも駅でもかっこよかったです。
てぬぐい…
2005/09/30 19:29
はじめまして、いつも良いページだなと思いながらオジャマしています。
千秋楽のチケットが手に入った時も、我がことのように「よかったなあ!」ナンテ思っていたんですよ。そして、この記事を読んで「良かったね!」と我がことのように興奮しました。
彼はコセコセしてなくて堂々としていますね。カッコいい!ですね。
体力的には一番自信がある。でも今はネテイ、クイテエ!と去年7月楽日が終わっての彼の一声!でした。この時も、同じ気持ちだったかしら?
本当にお疲れさまでした。充分休養して、充電して、又ステキなお芝居観せて下さい。と伝えたいですね。

めし/おやつーーお料理も器も、素敵でびっくりです。レシピも載せたらいかが?知りたいのあるんです。又今度伺います。
さちぎく
2005/09/30 23:26
◇さちぎくさん=佐千菊さんですね。私のほうでもそちらに度々おじゃましています。
アルバムも見ていただいたようで…コメント大変うれしいです。
てぬぐい…
2005/10/02 23:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


海老蔵襲名興行 : 千穐楽 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる