……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 昇仙峡 : 二人の沈黙(別の意味で)。

<<   作成日時 : 2005/06/29 17:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
突然、「あさって行くけど、一泊の予定」との連絡が入り、高校時代から交流の続く友人が訪ねてきました。逢うのはたしか5〜6年ぶり。
 :
奴が甲府に着いたのは夜だったので、そのまま駅前で呑むことに。
やきとりで一杯。
おはじきという店、ささみが美味でした。
そして、そば屋で一杯。
話し疲れ、呑み疲れ、そこでお開き。宿に案内したところで25時でした。
 :
翌日、昼に落ちあい、食事をしたのですが、
それからさき何していいか、どこへ行けばいいか悩んでしまいました。
いい考えも浮かばず、
しかたなくありがちな選択で、市内北部の景勝地「昇仙峡」へ出かけました。
 :
岩だらけでした。(知ってたけど)

  岩だらけの昇仙峡・覚円峰&仙娥滝 <覚円峰&仙娥滝>

載せる写真もツキナミですね。
 :
活気のない平日の観光地に気持ちも萎え、互いに口数も少なくなり……、
黙してそのまま下山。
意気消沈のフェードアウトぎみに久々の再会は終わりました。
 :
さて、帰宅して昇仙峡についてWeb検索してみて、不思議なサイトを見つけました。
観光地というと、普通イメージを重視すると思うんです、キレイとか明るいとかのプラスな雰囲気を。
ところが、すがはら屋というそば屋さんのサイトに、
なんかマイナスイメージを喚起する、陰気な漫画が掲載されていました。
「デザインコンビ(目黒雅也+本田まさゆき)」による、「昇仙峡ネット劇場」だそうですよ。(↑口絵参照)
 :
さらに読んでいくと、こんな記述が、
昇仙峡のもつ暗いイメージは拭い切れないものがある。
しかし、そこはひとつの特徴であり、魅力ともなっている。
面白いのは、観光業者達は、この雰囲気をぬぐい去ろうとの思いからか、
様々な”明るい”イメージをつくり出そうとする。
それが何ともアンバランスで、摩訶不思議な空気をつくり出していて、
これがひとつの昇仙峡の”おかしみ”となっている。
 ◇昇仙峡ガイドマップ・「すがはら屋」
   「愛のかけはしの謎」より

私自身は昇仙峡に暗いイメージなんて抱いてなかったんですが、
これを読むと、
「拭えない暗さって何!、知ってるくせに、
口にしない秘密があるならおっしゃい」
と、なんだか気になってしまいますし、
こう正面から「暗い」と書くところが薄ら怖くなってもきます。
私と友人から会話を奪ったのも、この地の“気”の仕業かも……。
 :
観光地のPRサイトとしては、逆説的な展開をする「すがはら屋」のもくろみは何なんでしょう。
と、思った時点で、すがはら屋の手の内に落ちたのか?
 :
漫画は全11話、読みきらずにいられませんでした。

Link
◇昇仙峡そば道場すがはら屋
 http://www.terra.dti.ne.jp/~sugahara/suganew/top.html
◇昇仙峡ガイドマップ(漫画のこぼれ話あり)
 http://www.terra.dti.ne.jp/~sugahara/suganew/map2004.html
◇デザインコンビ
 http://www.design-combi.com/
◇昇仙峡観光協会
 http://www11.ocn.ne.jp/~shosenky/
◇MapFan・昇仙峡あたり
 地図表示

……てぬぐいぶろ……


↓Amazonへ
母は苦情を言いました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


昇仙峡 : 二人の沈黙(別の意味で)。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる