……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の花火 : 河口湖にて。

<<   作成日時 : 2005/02/25 02:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

冬のサナカ、わざわざ季節をはずした趣きですか?
 :
「湖上の舞」と題された河口湖での冬花火。
2005年は、1月15日〜2月20日までの毎土日に開催されました。(計12回)
 :
「絶対寒いから」とか「道、凍ってたらヤダし」とか、
なんだかんだ否定の理由づけをしつつ敬遠してたのですが、
最終日と聞くと気持ちが疼き出し、結局今年も出掛けてしまいました。
 :
楽日の賑わいにもまれるかと予想していたのですが、
思いのほかの閑散ぶり、
きっと、前々日に雪が31cmも積もったという情報が出足を鈍らせたのでしょう。
行ってみたら舗装されたところは、すっかり融けていたんですけど。
 :
8時から約30分間の開催。
なんと云いましょうか、
20万人の人出がある、夏の湖上祭のようなわけにはいかないですね、
花火大会としては、さすがにボリューム感に欠けます。
でも、「冬・富士山麓・湖・花火」という道具立てを楽しむには、充分なほどかも
……という気もしないではないですが。

  河口湖冬花火 河口湖冬花火ラスト <1日2,000発>

ごったがえしてない分、周りの見物さまの会話なども、よーく聞こえてきたわけで。
 :
・事例1・
右隣、3mほど離れたところにいた、3・4歳の男の子を連れた家族の会話。
(湖ならでは、水面で開花する半球の花火を見て)
父「ほらっ、ダチョウだ」
子「ん?」
父「ダチョウ花火、ダチョウ花火だ」
子「ダチョー、ダチョー」
母「ダチョウじゃないでしょ!」
父「……ちがぅ。クジャクだ。クジャク花火だよ」
子「クヂャク? クジャク! クジャク!」
……(なんて無邪気な子なんでしょ)
 
・事例2・
すぐ後ろ、女子大生とおぼしき3人連れの会話。
(はじめのうちはキレイ、すごいキレイと連発していたのですが、突然)
A「でも、さっきのって負け犬だよね」
B「あの人、負け犬全開っ」
C「……私はならないツモリ」
A・B「あたしもー」
B「30までにはするでしょー」
C「私は24くらい?」
B「それってハヤクなーい?」
A「私は26目標」
……(ふんっ、無邪気な会話だ)


◆富士河口湖総合観光情報サイト
 http://www.fujisan.ne.jp/
 :
◆地図・富士五湖周辺(Map Fan)

……てぬぐいぶろ……



↓この著者の講演を聞いてから河口湖へ向かった次第。
結婚の条件

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


冬の花火 : 河口湖にて。 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる