……てぬぐいぶろ……

アクセスカウンタ

zoom RSS 文楽 : 青少年対象

<<   作成日時 : 2004/10/11 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

先週に続きまたも「文楽」が地元にやってきた。めずらしいことです。
しかし今回の座組みは、文化庁主催の子どもと青少年そしてその親が対象の公演。私はどの範疇にも入りませんが……なんとか潜入に成功。
500人キャパに7割程度の入り。大人と子ども半々だったでしょうか。
【10月11日 於/甲府市総合市民会館・13時開演・入場無料】
 :
「伊達娘恋緋鹿子」
扱いにくそうな手紙も滑らかに捌く人形の手のみごとなこと。
遣い手の手から離れた人形が、自分の力で櫓を登っていく場面の驚き。
短い作品ですが、子どもにも充分インパクトを残したことでしょう。
ハイテクの世ですがこういった人の手業ってすばらしい。HONDAの2足歩行ロボットASIMO君にもできるでしょうか?などと考えてみたり。
 :
「解説」
大夫・三味線・人形の三業をじっくり1時間をかけて説明。小学生が体験ということでそれぞれをやらせてもらっていました。
ああ、うらやましいこと。
 :
「壺阪観音霊験記」
人形と解っています。いますけれども、身を投げるときなど思わず「あっ」と云ってしまいます。
後半、食い入るように観てました。
 :
文楽はまだ3回しか観たことがありませんが、だんだん面白く思えてきました。
12月は国立(小)で文楽公演&鑑賞教室があるそうなので、行ってみようかな、と。
鑑賞教室では義太夫の字幕もつくとのこと、今度はもっと語りに注目して観てみようと思います。

yagura
仕掛けはどうなっているんでしょう?


◆…さらに読む◆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
てぬぐいさん、私も父兄じゃないけど運良く鑑賞できたひとりです。
お七の櫓登りに反応して出てきました。以前観た時は何とも思わなかったんですが
何がスゴイって、人形が髪を振り乱して櫓に登って行く事!
生身の人間以上の迫力で短縮バージョンでも十分な印象を残しました。
ああ、怖かった。。
文楽、眠ってしまうことも多々ありますがとても好きです。
またこの地方に来てくれないかな〜
潜入成功その2
2004/10/14 23:25
では、私と同じ会場にいらしたということですね。これはこれは。
 :
いつやってくるかわからない巡業を待つより、好きならこちらから出向いてはいかがでしょう。12月、国立劇場にお誘いしたいくらいです。
 :
ローカルな記事に反応していただきありがとうございます。
もしSiteお持ちでしたら次にいらしたときURL貼ってください。是非。
てぬぐい
2004/10/16 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

てぬぐいぶ

ろ
about てぬぐい…
BLOG/RSS
Flickr
YouTube
twitter
twitpic




歌舞伎系動画


(^^)歌舞伎かるたまとめ動画
MMD千本桜のアレ♥♥
初音の旅
カン・ジン・チョー
歌舞伎座 閉場式
 〃  カウントダウン
権太ゆかし
スッポンの歌
河内山えかきうた
歌舞伎座の人
獅子 エア毛振り
[空耳] 弁天小僧
[空耳] 三人吉三
[空耳] 髪結新三
歌舞伎座 幕見Dash




Self Link

◇きんつば秘帖



きんつば秘帖

割ってみてみる、
きんつばの中身のページ


◇のめらないで
のめらないで

後ろの人は困ってます。

◇ラストシーンは
  なぜ眩しい

last scene

涙のフィードバック。





QLOOKアクセス解析


文楽 : 青少年対象 ……てぬぐいぶろ……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる